8月9日(日)にスポーツランドSUGO 西コースで開幕したスーパーモト2020。

夏のこの時期にやっと開幕ということで、凄く楽しみにしていたレースでした。
が、朝起きると雨が降っていました…。

その後、徐々に晴れていくというウエットとドライが混在する難しいコンディションの1日でしたが「今までで1番楽しいスーパーモトだった」と話して下さった、選手の表情と言葉が1番印象に残っています。

そう話して下さったのは、ロードレース出身で鈴鹿8耐なども参戦している#1.日浦大治朗選手。

私が去年初めて観に行ったスーパーモトのレースでも、日浦選手の活躍は目立っていて「目が離せない選手だ!」と思い、今回も注目して観ていました。

そんな日浦選手にレース後、お話を聞きに行くと「今日は凄く意気込んでいたし、勝たなきゃいけないレースだったけど、ホント楽しかった! 今までで1番楽しいスーパーモトだった♪」とニヤケが止まらない様子でした。

画像: 日浦大治朗選手です。

日浦大治朗選手です。

待ち望んだ開幕戦、そして今回は全日本ロードレースと併催ということもあり、ロードレースの選手や関係者が合間を縫って観に来ていたり、お客さんもいつもより多かったそうなんです。

しかも、朝から雨。
スーパーモトは雨が降るとダート区間が無くなる事が多く、今回はサーキットのみの路面でした!

私もこれは初めて知ったのですが、スポーツランドSUGOの方にお話しを聞くと「スーパーモトでは雨が降るとダート区間の砂がアスファルトに出過ぎてしまって危険なので、サーキットのみで走る事が多いです。これはサーキット側の判断で、朝のブリーフィングで運営の方から選手に今回はダート区間はなし。舗装路面のみで行う。と伝えられているので今日はダートは走らないんですよ」と教えて頂きました。

画像: ダート区間の山場にはブルーシートがかけてありました。

ダート区間の山場にはブルーシートがかけてありました。

ダート区間を走らない=ロードレース経験者の方が有利?!

でも、マシンはモトクロスマシンがベースだから関係ないのかな?!と考えながらドキドキワクワクしながら観ていたのですが、やはりロードレースで今も走っている日浦選手は「アスファルト路面しかないからこれは勝つしかない」と意気込んでいたようなんです。

そんな中行われた1ヒート目。
路面コンディションはウェットでした。

日浦選手の参戦している全日本 S1 PROというクラスの前に、[エリアS2&3][エリアS1][全日本S2][全日本OPEN]と4クラスのレースが行なわれたのですが、雨が降っている中でのレースという事もあり、転倒している選手も多くいました。

かなり滑るんだなぁ。と観ていて感じる程だったのですが、観ているとあっという間に時間は経ち全日本 S1 PROの第1ヒートがスタート。

時間になるとそれぞれ選手がパドックから出てコースインしグリッドに着きます。

画像: グリッドの様子。

グリッドの様子。

画像: ゼッケン1番が日浦選手。

ゼッケン1番が日浦選手。

日浦選手は予選トップでフロントロー。

スタートしてから途中まで1位独走していたのですが、途中転倒してしまい、順位を落としてしまいました。

Twitter: @webautoby tweet

twitter.com

そこから1位争いは、#2.森田一輝選手と#5.吉田雄一選手のバトル。

吉田選手が前を走っていたのですが、バイクが暴れて立て直しているところをつかれて森田選手が1位に。

そのまま独走しフィニッシュ。
第1ヒートは森田選手の優勝でした。

画像1: 表彰式の様子です。

表彰式の様子です。

レースが終わったころに雨も止んだのですが、レース中は少し水溜りもできていたり、スタート直後は雨も強く3台転倒してしまったり、マシンが暴れている場面を何度か目撃し、とても難しそうな印象でした。

画像: 第1ヒートの様子。

第1ヒートの様子。

午後からは太陽が出てきて、全日本S1PROの第2ヒートの時には路面コンディションはドライに。

画像: 空もだいぶ明るくなっていました。

空もだいぶ明るくなっていました。

選手の皆さんがそれぞれのグリッドに着き、選手紹介が行われるのですが第1ヒートの時より天気が良くなったからか、チームの雰囲気で盛り上がっている所が増えた印象でした。

画像: 選手紹介をされている様子です。

選手紹介をされている様子です。

画像: 選手によって盛り上げ方やアピールが違います。

選手によって盛り上げ方やアピールが違います。

そんな中、第1ヒートで転倒してしまい順位を落としてしまった日浦選手は15グリッドからでしたがただならぬ雰囲気でいました。

画像: ずっとこの姿勢でオーラが凄かったです。

ずっとこの姿勢でオーラが凄かったです。

漫画でよくある誰も寄せ付けないような、赤い炎がメラメラしているそんな雰囲気を感じました。

第2ヒートがスタートすると、スタートダッシュで前に出た吉田選手と第1ヒートでバトルしていた森田選手のトップ争いに。

ずっと森田選手を抑えながら走っていた吉田選手ですが、12周目で転倒。
それから森田選手が1位を走っていたのですが、気が付くとそのすぐ後ろには日浦選手が!!!!

画像: ここまで迫ってきました。

ここまで迫ってきました。

スタートしてから着実に追い上げ、最終的には1位争いをするほどに。

凄い集中力!!!もう、13台オーバーテイク!!!!ごぼう抜きです。

画像2: 表彰式の様子です。

表彰式の様子です。

結果は、森田選手が1位を守り抜き優勝。
日浦選手は2位表彰台となりました。

この第2ヒートの追い上げが楽しかったのか、表彰式ではずっと笑顔だった日浦選手でしたが、「お客さんの人数もいつもより多くてやる気が出ました! これからもっと増えて欲しい! ホントに嬉しかった」とも話して下さいました。

やはりお客さんの数も選手の皆さんの励みに繋がるんだと、とても感じました。

そして、優勝した森田選手にもお話を聞いてみました。

画像: レース後にマシンと撮らせて頂きました。

レース後にマシンと撮らせて頂きました。

梅「優勝おめでとうございます! 今日は難しいコンディションで転倒している選手も多い中、安定した走りをしていたように見えたのですがいかがでしたか?」

森田選手「今日はホントに難しかったし、結構辛かったです。予選と公式練習で上手くいっていなくて、膝も痛めてしまって...何度も心が折れそうになっていました。なんとか走りきり勝てて良かった。でもホントにホントに難しいレースでした。」

と、「難しい」というワードを繰り返すほど、とても大変なレースだったんだとお話しを聞いて改めて感じました。

私には安定した走りで、転倒もなく走りきって優勝したかのように見えたのですが、怪我をしながら心が折れそうになりながらも、粘り守り抜くパワーがあったからこそ、逆に力になっていたんだなと感じました。さすが森田選手!!!!

画像: 森田選手のレース中。

森田選手のレース中。

開幕戦はダート区間はないレースでしたが、アスファルト路面でドライもウェットのコンディションも観る事ができ、また前回とは違ったスーパーモトの面白さを感じることが出来ました。

全日本スーパーモトは新型コロナウイルスの影響で全4戦となったのですが、今年の残り3戦もどんな戦いになるのか、またダート区間があると順位が変わってきたり、そこでのバトルもあるのでとても楽しみです!!!

画像: 西コースでパシャリ。

西コースでパシャリ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.