手塚治虫生誕90周年を記念し、稲垣吾郎&二階堂ふみの主演で初映像化される映画『ばるぼら 』が2020年11月20日(金)より全国公開されることが決定。あわせてキャストと監督からのコメントも到着した。

「狂気の果て。あれは幻だったのだろうかー」

手塚治虫が1970年代に「ビッグコミック」(小学館)に連載し、禁断の愛とミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなど、様々なタブーに挑戦した大人向け漫画「ばるぼら」。

その独特な世界感から”映画化不可能”と言われてきたが、手塚治虫生誕90周年を記念し、初映像化。第32回東京国際映画祭・コンペティション部門の正式招待をはじめ世界各国の映画祭を巡回、反響を呼んでいる。

人気小説家美倉洋介は、新宿駅の片隅でホームレスのような酔払った少女ばるぼらに出会い、つい家に連れて帰る。大酒飲みでだらしないばるぼらだが、美倉はなぜか奇妙な魅力を感じて追い出すことができなかった。

彼女を手元に置いておくと不思議と美倉の手は動きだし、新たな小説を創造する意欲がわき起こるのだ。ばるぼらはあたかも芸術家を守るミューズのようだった。その一方、美倉はエロティックで異常な幻覚に悩まされる。次第に彼の周囲は現実離れしてゆく。ついに美倉はばるぼらとの結婚を決意するが、それは同時に破滅への入口だった…。

画像1: 「狂気の果て。あれは幻だったのだろうかー」

異常性欲に悩まされている耽美派小説家・美倉洋介を『半世界』(阪本順治監督)『海辺の映画館―キネマの玉手箱』(大林宣彦監督)の稲垣吾郎、芸術家のミューズであり自堕落な生活を送る謎の女・ばるぼらをNHK連続ドラマ小説『エール』でヒロインとして出演中の二階堂ふみが演じる。

日本映画界でも異彩を放つ二人が、甘美で退廃的な『ばるぼら』の異世界に全身全霊で臨んだ。

共演陣には渋川清彦、石橋静河、美波ら国内外で活躍する豪華俳優陣が集結。監督は手塚治虫の実子であり『白痴』(ヴェネチア国際映画祭 デジタルアワード受賞)『ブラックキス』(東京国際映画祭 招待作品)など独特の映画美学により国際的に評価される手塚眞が務め、撮影監督にはウォン・カーウァイ監督作品等の映像美で知られるクリストファー・ドイルを招いた。

公開に先駆け、日本版のポスタービジュアルも解禁。ポスタービジュアルは海外版ポスターを踏襲し、美倉が持つペンにばるぼらが宿る絵をメインにキャッチコピー「狂気の果て。あれは幻だったのだろうかー」が印象的な仕上がりとなった。

また狂っていく小説家を演じる稲垣吾郎と芸術のミューズを演じる二階堂ふみ、手塚眞監督からも最新コメントが到着した。

画像2: 「狂気の果て。あれは幻だったのだろうかー」

稲垣吾郎(美倉洋介 役)

「都会の吹き溜まりに真実は潜んでいる。あらがえない輪廻転生の中に自分の人生もまるごと引きずりこまれていく」
そんな思いと共に今も僕の中にばるぼらが生きています。
手塚眞監督、スタッフの皆さん、そして役を共に生き抜いてくださった二階堂ふみさんをはじめとしたキャストの皆さんにも心から感謝しています。

二階堂ふみ(ばるぼら 役)

曇天の新宿を、稲垣さん演じる美倉洋介と走り続けました。
湿ってて、汚れてて、それでも愛おしさを感じてしまう人間の感情に埋れながらも、美倉先生はひたすら貪欲にそれらを追い続けておりました。
雑踏の中、希望を示してくださり、助けて頂き、感謝しかありません。

手塚眞(監督)

手塚治虫生誕90周年を記念してはじまった映画『ばるぼら』。自分がこれまで描いてきた映画の世界と手塚治虫マンガの接点があるとすれば、この作品に違いないと選んだ原作でしたが、まさに夢のようなキャスト、スタッフが奇跡のように集結し、夢を見ていたかのような撮影、そしてこれも夢の中のようなベルリンのスタジオで魔法のように完成。東京国際映画祭をはじめ多くの国際映画祭への招待。なにもかもが「芸術の女神(ミューズ)」の粋な取り計らいなのだと信じています。稲垣吾郎さんと二階堂ふみさんの美しさはまさに芸術品。そしていよいよ多くの皆さんと夢を分かち合えるときが巡ってきました。恐らくミューズは、映画館から閉塞的な世の中へ奇跡をふりまくことでしょう。愛と狂気についての映画ですから、理屈も言葉も超えて、陶酔の世界を堪能していただければ嬉しいです。

ばるぼら
2020年11月20日(金)よりシネマート新宿、ユーロスペースほか全国公開
配給:イオンエンターテイメント
©2019『ばるぼら』製作委員会

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.