8月23日(日)に実施されるDC史上最大の世界同時オンラインイベント“DCファンドーム”(DC FanDome)について、2日間にわたる2部構成に変更することになった。

なんと100時間以上!コンテンツ内容拡大にあたり2 日間にわたる開催へ!

8月23日(日)に開催されるDC史上最大の世界同時オンラインイベント“DCファンドーム”(DC FanDome)について、コンテンツ内容拡大にあたり、2日間にわたる2部構成に変更されることが発表された。6つのエリア(バース)のうち、第1弾では「DCホール・オブ・ヒーローズ」を配信、第2弾では、「DCウォッチバース」「DC キッズバース」「DC ユーバース」「DCファンバース」「DC インサイダーバース」の5つを配信。

ABEMAで放送を予定しておりました「DCファンドーム:日本から世界へ!ABEMA拡大120分SP!」「バットマン:ダークナイト リターンズ Part1&Part2」に関しても、構成変更に伴い、9 月に放送を延期いたします。延期後の日程に関しましては、ABEMA アニメ公式 Twitter(https://twitter.com/anime_abema)などで随時発表される。

第1弾 「DC ファンドーム:ホール・オブ・ヒーローズ」
日本時間8月23日(日)午前2時~/バース:ホール・オブ・ヒーローズ

10月9日(金)に日本公開予定の映画『ワンダーウーマン 1984』や『The Suicide Squad(原題)』『The Batman(原題)』など注目の新作映画、海外TVシリーズ、ゲームのキャストやスタッフが出演するパネルトーク、新情報の解禁など充実のコンテンツを予定。

第2弾「DC ファンドーム:ディスカバー・マルチバース」
日本時間9月13日(日)午前2時(予定)~バース:「DC ウォッチバース」「DC キッズバース」「DC ユーバース」「DC ファンバース」「DC インサイダーバース」

映画、テレビ、コミック、ゲームのオンデマンドコンテンツ、パネル、独占番組など100時間以上におよぶプログラム内容を予定。 また、日本オリジナルプログラム『DCファンドーム:日本から世界へ!メイド・イン・ジャパンなDCの魅力大解剖!』も配信。全世界随一の精巧さを誇る日本のフィギュアメーカー「プライム1スタジオ」や、ホットトイズが贈る注目の体験型メガストア「DCオールスターズ」のインタビュー映像や、日本が制作したアニメーション映画『ニンジャバットマン』初の舞台化、「ニンジャバットマン ザ・ショー」プロジェクトの内容もご紹介!

※両日にわたるDCファンドームのコンテンツは、ポルトガル語、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、スペイン語を 含む9つの言語で楽しめる。

画像: 「ジョーカー」のDCが贈る『DCファンドーム』 イベントレーラー <第1弾>8月23日開催 youtu.be

「ジョーカー」のDCが贈る『DCファンドーム』 イベントレーラー <第1弾>8月23日開催

youtu.be

『ジョーカー』&『ワンダーウーマン1984』のDCが贈る、アメコミファンの祭典 DCファンドーム

DC史上最大の世界同時オンラインイベントに、全世界のDCファンは結集せよ!

日本時間2020年8月23日(日)2:00~26:00 / 日本時間2020年9月13日(日)2:00~26:00

#DCFanDome #DCファンドーム

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.