SSTR2020に参加される方へ向けて、千里浜周辺のおすすめスポットをご案内。昨年、福山理子が立ち寄った場所を紹介します!
 
※SSTR2020は、開催方式が変更されました。詳しくは下記リンクのSSTR公式サイトよりご覧ください。

ほのぼのだけどミステリアス! 石川県羽咋市は面白い!

石川県羽咋市は宇宙と繋がりがあるということで有名だ。

江戸時代にも空飛ぶ円盤が目撃されていたという。昔はこの辺りでは遅くまで遊んでいる子供たちに「そんなに遅くまで遊んでいると鍋の蓋が降ってきて拐われるぞ!」言っていたのだとか。

お鍋の蓋って、きっとUFOのことだよね?

「羽咋」(ハクイ)というちょっと不思議な地名にも言い伝えがある。

このあたりの人たちを苦しめていた怪鳥がいた。それを皇子の連れてきた犬が羽を食い破ったという伝説がある。つまり「羽喰」。それが地名の起源じゃないかという説もある。これは完全にミステリー。

ご当地キャラがこれ。ちなみに駅に堂々といるのにも関わらず、非公認キャラクターです。

羽咋駅前からして宇宙感いっぱいだし、道の駅には砂でできた宇宙人のガチャガチも。他にも、円盤冷やし中華とかコスモグルメがたくさんある。

この日は2019年のSSTR当日。私はゲストとしてお呼ばれしたため、前入りをしていた。早起きして外に出る。旅をするために早起きするのが一番好きだ。

SSTRの参加者のみなさまは、太平洋で朝日を見て各々千里浜へ向けて走り出していることでしょう。みなさまが到着するのは主に午後から夕方。朝の待つ間は、自分の旅へ。周辺の散歩だけどね。

画像1: ほのぼのだけどミステリアス! 石川県羽咋市は面白い!

まずはやっぱり駅でしょと思い、羽咋駅からスタート。なんか好きなんだよね、ここ。おすすめスポットのひとつです。

目的地は「コスモアイル羽咋」。

朝8時半から開場していた。そしてSSTR参加者にも優しくて、割引も用意してくれている。

画像2: ほのぼのだけどミステリアス! 石川県羽咋市は面白い!

あたし的には雰囲気からして大好きで、「あら?あたし、どこの星に来たのかしら?」と見事なりました。

特にひとりだとそう思えるかもしれないので、妄想癖強めな方は是非おひとりで行ってみてください。

中に入ると、至る所に宇宙人。徹底されてのるが堪らない。全力で真面目に楽しんで創っているのが伝わってくるのが、ほんとに好きだな。

画像3: ほのぼのだけどミステリアス! 石川県羽咋市は面白い!
画像4: ほのぼのだけどミステリアス! 石川県羽咋市は面白い!
画像5: ほのぼのだけどミステリアス! 石川県羽咋市は面白い!
画像6: ほのぼのだけどミステリアス! 石川県羽咋市は面白い!

なんと、コスモシアターは、中に入ってびっくり! 立派なドーム型プラネタリウムのシアターになってるの。宇宙、科学、星について毎日上映されてるそうです。集中して宇宙と向き合うことができました。

他にも宇宙科学展示室は、宇宙好きな人が穴場中の穴場と称するほど。本物の宇宙船が展示されていたり、とにかくゆるくも真剣にもお腹いっぱいになれるとこです。

宇宙がとても身近に。そして、いつかこの土地でUFOを目撃できそうな気がしています。毎年来るしかない。

向かう途中に、駅を通ると子供ちゃんたちに声かけれました。「朝もバイクで走ってたでしょ?」「うんうん」「一緒に写真撮って!」と、いうので何故かあたしの携帯で記念写真。こんなことも旅の楽しみであります。

今回は猫耳ヘルメットですが普段もピンクの目玉ヘルメットを被ってたりすると小さな子供たちが気になるみたい。嬉しいなあ。将来、みんながバイクやヘルメット、グローブでもなんでも、バイクに関わることに興味を持ってくれてバイク乗りになってくれたら嬉しいなあ。「声をかけてくれてありがとう。またね」って先を急いだ。

気多大社さまに着いた。大きな真っ直ぐな気が集まってる神社さま。また今年も来させていただいたお礼をする。大きく息を吸い、立派な大木から溢れる空気と陽りを身体にいただいた。

さ、会場の千里浜に向かおうか。

文・写真:福山理子
このレポートはSSTR2019の当日のお話です。今年のSSTRは、10月24日~25日に開催予定!

画像7: ほのぼのだけどミステリアス! 石川県羽咋市は面白い!
画像: born to ride a bikeプロジェクト www.youtube.com

born to ride a bikeプロジェクト

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.