今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代の輸入車ニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「ランドローバー フリーランダー」だ。

ランドローバー フリーランダー(2001年)

画像: 全体的なスタイリングは今までのローバー車とは異なるが、ディテールは従来モデルを継承している部分は多い。

全体的なスタイリングは今までのローバー車とは異なるが、ディテールは従来モデルを継承している部分は多い。

1997年末にはヨーロッパで販売が開始された、ランドローバー初のSUV「フリーランダー」。日本への導入も心待ちにされていたが、ようやく日本デビューを果たし、試乗する機会を得た。

まずはそのスタイリング。写真で見たときは「ランドローバーのマークがなければ、日本製のSUVみたいだな・・・」と思っていたが、実車を見たら、けっしてそんなことはないことが分かった。フラッグシップであるレンジローバーに似たデザインのクラムシェル風ボンネット、ディスカバリー同様に後半が高くなったルーフライン(5ドア)など、ディテールのそこかしこにランドローバーのアイデンティティが散りばめられている。

何よりもその顔つきは、間違いなくランドローバー家のそれである。ユニークなスタイルの3ドア ソフトバックは、リアウインドーにガラス(もちろんワイパー付き)を使っているのはさすがだ。インテリアも、やはりランドローバーらしい。本革をふんだんに使ったESの豪華さ、2トーンのクロスを用いたGSのモダンさ、どちらも悪くない。デュアルエアバッグやエアコン、パナソニック製MDオーディオなど、安全&快適装備も充実している。

車内に乗り込んでみると、他のSUVに比べてアイポイントはかなり高い。フロントウインドーの傾斜角が比較的きついので、座高の高いドライバーはヘッドまわりのスペースに少し不満を感じるかもしれない。だがそれ以外、室内はリアシートも含めて広さは十分で、おとな5人で長距離ツーリングに出かけたとしても、まず不満は出ないだろう。

画像: 最上級モデルの5ドアESは、ステアリングやシフトノブに本革を採用している。エアコンなどの快適装備も充実している。

最上級モデルの5ドアESは、ステアリングやシフトノブに本革を採用している。エアコンなどの快適装備も充実している。

フリーランダーは、ランドローバー車としては初の横置きエンジンベースの4WDだ。インパネまわりには、後述するHDC(ヒル ディセント コントロール)のスイッチ以外、デフロックやトランスファーなどの操作系はない。だが、それでも問題ないことをラフロード走行で実感した。雪混じりの滑りやすいダート斜面でも、Dレンジのままストレスフリーで軽快に走ってくれる。急な下り斜面ではATセレクターをLに入れ、HDCのスイッチをONにすれば、ブレーキ操作不要でトコトコと歩くような速さで安全に下ってくれる。ラフロード走行に慣れていない初心者には、最高の武器になるだろう。

オンロードでの乗り心地も柔らかすぎず、高速道路ではミシュラン製タイヤが発するロードノイズが少し気になるものの安定感は高い。トルクフルなV6エンジンは3000rpmも回っていれば十分な走りっぷりを見せてくれるが、その気になって4000rpm以上回すと、BMWユニットのような快音を発しする。

5速ATはマニュアルシフトも可能なステップトロニックだ。輸入車の場合、左ハンドルから日本仕様の右ハンドルに変更してもシフトゲートは左ハンドル仕様のままなモデルも多いが、フリーランダーは元から右ハンドルだから扱いやすい。

一見、日本製SUVにも雰囲気は似ているが、走らせてみるとやはり「正当派」の血統をあらためて感じさせてくれた。価格差は若干あるものの、ライバルとなる日本製SUVにとって、フリーランダーは本格派の手強い存在になることは間違いないだろう。

画像: ソフトバックを開けた状態の3ドアのスタイルはユニークだ。オプションでハードバックも設定されている。

ソフトバックを開けた状態の3ドアのスタイルはユニークだ。オプションでハードバックも設定されている。

■ランドローバー フリーランダー 5ドアES 主要諸元

●全長×全幅×全高:4390×1810×1770mm
●ホイールベース:2555mm
●車両重量:1580kg
●エンジン形式:V6・4バルブDOHC・横置き4WD
●排気量:2497cc
●最高出力:130kw(177ps)/6250rpm
●最大トルク:240Nm(24.5kgm)/4000rpm
●トランスミッション:5速AT (ステップトロニック)
●タイヤ:215/65R16
●車両価格(当時):335.0万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.