2020年7月2日、2代目にフルモデルチェンジされたプジョー 208が日本にも導入された。100%EVのe-208も同時発表されたが、まずはガソリンエンジン搭載モデルの208 アリュールのディテールを写真で紹介しよう。

従来型より低く、ワイドに。先進運転支援機能も充実

208はプジョーのBセグメント ハッチバックだ。かつては205→206→207とフルモデルチェンジの度に車名の数字が増えていったが、先代(従来型)の208からは車名が固定されることになったので、208としては2代目にあたる。

PSAグループの新しいアーキテクチャーを採用した新型208は、従来型より120mm長く、5mm幅広くなったが、25mm低いプロポーションとなった。それでも車重はほぼ同等で、最小回転半径も5.4mと変わらない。エクステリアは、三本爪をモチーフとしたLEDヘッドライトと下に伸びるデイタイムランニングライトなど、最新プジョーのアイデンティティがデザインアイコンとして組み込まれている。

インテリアでは、3次元表示の「3D i-コクピット」が特徴的だが、ADAS(先進運転支援システム)やインフォテインメント、オーディオなどの装備も充実している。センターダッシュ上部には7インチのタッチスクリーンも備わる。

日本仕様のパワートレーンは、ここで紹介しているガソリンエンジン車は1.2Lの直3ターボと8速トルコンATの組み合わせだが、50kWhのバッテリーを搭載して電気モーターで駆動するe-208も設定されている。e-208の最大走行距離は欧州WLTPモードで340kmとされている。

「2020 ヨーロッパ カー・オブ・ザ・イヤー」も受賞したプジョー208の実力は折り紙付き。Bセグメントの新たな指標を目指す1台となったことは間違いなさそうだ。

プジョー208 アリュール 主要諸元

●全長×全幅×全高:4095×1745×1445mm
●ホイールベース:2540mm
●重量:1020kg
●エンジン形式:直3 DOHCターボ
●排気量:1199cc
●最高出力:74kW<100ps>/5500rpm
●最大トルク:205Nm<20.9kgm>/1750rpm
●トランスミッション:8速AT
●WLTPモード燃費:17.0km/L
●タイヤサイズ:195/55R16
●税込み車両価格:259万9000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.