2019年にドイツのバイエルン映画祭で最優秀作品賞に輝き、世界各国の映画祭で数々の観客賞を贈られた『キーパー ある兵士の奇跡』が2020年10月23日(金)全国公開。このたび60秒予告が解禁された。

youtu.be

どんな悲しみも憎しみも、自らが選んだ生き方で愛に変えることができる

第二次世界大戦で捕虜としてイギリスの収容所に送り込まれたナチス兵士のバート・トラウトマンが、終戦後にイギリスとドイツを結ぶ平和の架け橋となり、やがて国民的ヒーローとして敬愛されたという驚くべき実話から生まれた物語。

なぜ、そんな奇跡を成し遂げられたのか? そこには、これが真実だとはとても信じられないほどのドラマティックかつ波乱万丈の人生があった。

このたび解禁された予告では、ナチス兵士のバート・トラウトマンが、敵国イギリスの捕虜となり、収容所内で地元チームの監督ジャック(ジョン・ヘンショウ)にゴールキーパーとしてスカウトされるシーンから始まる。

ドイツ人であることからチームメイトから敵意をぶつけられ、監督の娘マーガレット(フレイア・メーバー)にも拒絶される。しかし、初めは警戒していた周りの人たちはトラウトマンの温かく人懐こい人柄を知ることで、心を通わせるようになり、マーガレットも想いが愛へと変わり結ばれる。

その後、トラウトマンは名門サッカークラブ「マンチェスター・シティFC」に入団するが、試合会場はブーイングの嵐が起こり、過酷な状況でプレーを強いられてしまう。さらに、ユダヤ人コミュニティのラビから、チーム加入を反対され、次第に追い詰められていく…。

それでも、信じ続ける夫婦の絆の姿や、拭えない過去の傷を乗り越えようと逆境へ立ち向かい、やがて国民的英雄になるまでの壮絶な人生のドラマに、本編への期待が高まる映像となっている。

画像1: どんな悲しみも憎しみも、自らが選んだ生き方で愛に変えることができる
画像2: どんな悲しみも憎しみも、自らが選んだ生き方で愛に変えることができる

トラウトマンには『愛を読むひと』のデヴィッド・クロス、彼の妻のマーガレットには『サンシャイン/歌声が響く街』のフレイア・メーバー。〈敵〉とみなしていた相手を〈人〉として愛し始め、やがて固い絆で結ばれていく二人の姿に誰もが心を深く揺さぶられる。

脇を固めるキャストには『天使の分け前』のジョン・ヘンショウ、『ハリー・ポッター』シリーズのハリー・メリング、『リトル・ダンサー』のゲイリー・ルイスと、英国屈指の実力派俳優が揃った。

いくつもの逆境に立たされながらも、唯一自分にできる〈素晴らしいプレー〉を貫くことで、人々に勇気を与え続けたトラウトマン。どんな悲しみも憎しみも、自らが選んだ生き方で愛に変えることができると教えてくれる感動の実話がこの秋、いよいよ日本で公開される。

キーパー ある兵士の奇跡
2020年10月23日(金)新宿ピカデリーほか全国公開
配給:松竹
ⓒ2018 Lieblingsfilm & Zephyr Films Trautmann

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.