2018年~2019年の新車登録台数(250ccクラス)で第1位となったレブル250。その圧倒的な人気の理由は何なのか。レブルにしかない特徴と、新型となった2020年モデルの魅力を解説しよう。
文:中村浩史/写真:富樫秀明/モデル:木川田ステラ

ホンダ「レブル250」2020年モデルの各部装備・ディテール解説

画像: 2020年モデルとなってリニューアル、4眼LEDヘッドライトになって顔つきがガラッと大イメージチェンジ。合わせてウィンカーもリング状に点灯するLEDに変更された。

2020年モデルとなってリニューアル、4眼LEDヘッドライトになって顔つきがガラッと大イメージチェンジ。合わせてウィンカーもリング状に点灯するLEDに変更された。

画像: CB250F、CRF250Lと同系の水冷DOHC単気筒エンジンを使用。単気筒らしからぬスムーズなフィーリングで全回転域で使いやすく、高回転を回しても速い力強さがある。

CB250F、CRF250Lと同系の水冷DOHC単気筒エンジンを使用。単気筒らしからぬスムーズなフィーリングで全回転域で使いやすく、高回転を回しても速い力強さがある。

画像: フロント130㎜幅の16インチタイヤがクルーザーっぽくないハンドリングを生み出す。ブレーキはインナーローターまでデザインされた。ABSを標準装備する。

フロント130㎜幅の16インチタイヤがクルーザーっぽくないハンドリングを生み出す。ブレーキはインナーローターまでデザインされた。ABSを標準装備する。

画像: スイングアームもシンプルなφ45㎜のシングルパイプを採用。ショートショックながらストロークも長く取られ、荒れた路面での乗り心地のよさを目指しているという。

スイングアームもシンプルなφ45㎜のシングルパイプを採用。ショートショックながらストロークも長く取られ、荒れた路面での乗り心地のよさを目指しているという。

画像: 低く、静かすぎないサウンドを味わえる右1本出しマフラー。おそらくCB-RやCRFとは、このマフラー設計でパワー特性のフィーリングに差をつけている。

低く、静かすぎないサウンドを味わえる右1本出しマフラー。おそらくCB-RやCRFとは、このマフラー設計でパワー特性のフィーリングに差をつけている。

画像: シンプルな前後セパレート式シートは、この薄さながら座り心地もよく、クッション性も悪くなかった。タンデムシートはビス1本で取り外し可能。カスタムも幅も広そう。

シンプルな前後セパレート式シートは、この薄さながら座り心地もよく、クッション性も悪くなかった。タンデムシートはビス1本で取り外し可能。カスタムも幅も広そう。

画像: 丸型一灯のシンプルなメーターもレブルっぽい。白文字の反転液晶メーターで、ギアポジションインジケーターやオド&ツイントリップ、瞬間&平均燃費も表示する。

丸型一灯のシンプルなメーターもレブルっぽい。白文字の反転液晶メーターで、ギアポジションインジケーターやオド&ツイントリップ、瞬間&平均燃費も表示する。

画像: 外部ヘルメットホルダーを標準装備。シート幅がスリムなため、クルーザーに求められる荷物の積載性はそう高くはない。バックレストやサドルバッグも純正用品として用意。

外部ヘルメットホルダーを標準装備。シート幅がスリムなため、クルーザーに求められる荷物の積載性はそう高くはない。バックレストやサドルバッグも純正用品として用意。

ホンダ「レブル250」足つき性・ライディングポジション

シート高:690mm
ライダーの身長・体重:163cm・43kg

画像1: ホンダ「レブル250」足つき性・ライディングポジション

690㎜のシート高に足つき性の心配はなし。クルーザーカテゴリーとはいえ、フォワードステップでも大アップハンドルいでもないところがレブルの真の姿を現している。

画像2: ホンダ「レブル250」足つき性・ライディングポジション

ホンダ「レブル250」主なスペックと価格

※《 》内はRebel 250 S Edition

全長×全幅×全高2205×820×1090mm
ホイールベース1490mm
最低地上高150mm
シート高690mm
車両重量170kg《171kg》
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量249cc
ボア×ストローク76.0×55.0mm
圧縮比10.7
最高出力19kW(26PS)/9500rpm
最大トルク22N・m(2.2kgf・m)/7750rpm
燃料タンク容量11L
変速機形式6速リターン
キャスター角28°00'
トレール量110mm
タイヤサイズ(前・後)130/90-16M/C 67H・150/80-16M/C 71H
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格(税込)59万9500円《63万8000円》

文:中村浩史/写真:富樫秀明/モデル:木川田ステラ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.