2020年、ますます盛り上がりを見せる250クラスは、ロードバイクはもちろん、アドベンチャーバイクやオフロードマシン、ビッグスクーターまで、あらゆるジャンルが揃ったカテゴリーになっています。普通自動二輪免許で乗ることができ、車検も不要で維持費も安い!そんな最新250ccモデルを日替わりでチェック!

スズキ「バーグマン200」

画像1: マットプラチナシルバーメタリック

マットプラチナシルバーメタリック

[全長×全幅×全高] 2055×740×1355㎜
[ホイールベース] 1465㎜
[シート高] 735㎜
[車両重量] 163㎏
[車両価格]53万3500円

扱いやすさと快適性、利便性をバランスさせた絶妙なサイズ設定の車体に、力強い加速性能と滑らかな走りを両立させる最高出力18psを発揮する200㏄の水冷単気筒エンジンを搭載。

大容量のシート下収納をはじめ、多機能メーターの採用、足つき性に優れたフロアボード形状に低いシート高、大きく効果的なウインドスクリーンなどで機能性を追求するオールラウンダー的存在のスクーターだ。

<SPECIFICATION>

①水冷4ストOHC4バルブ単気筒 ②199㏄ ③69.0×53.4㎜ ④11.0 ⑤18PS/8000rpm ⑥1.6kg-m/6000rpm ⑦FI ⑧10L ⑨27°00′ ⑩93㎜ ⑪Vベルト無段変速 ⑫ディスク・ディスク ⑬110/90-13・130/70-12

【諸元項目】①エンジン形式 ②総排気量 ③ボア×ストローク ④圧縮比 ⑤最高出力 ⑥最大トルク ⑦燃料供給方式 ⑧燃料タンク容量 ⑨キャスター角 ⑩トレール量⑪変速機形式 ⑫ブレーキ形式 前・後 ⑬タイヤサイズ 前・後

<カラーバリエーション>

画像2: マットプラチナシルバーメタリック

マットプラチナシルバーメタリック

画像: ニュータイタンブラック

ニュータイタンブラック

画像: ブリリアントホワイト

ブリリアントホワイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.