2020年8月17日、アストンマーティンは映画007シリーズの最新作「ノー・タイム・トゥ・ダイ」の公開を記念して、2台の特別なアストンマーティン 007スペシャルエディションを発売する。

ヴァンテージとDBS スーパーレッジェーラがベース

画像: アストンマーティン V8(左)と、ヴァンテージ 007エディション(右)。

アストンマーティン V8(左)と、ヴァンテージ 007エディション(右)。

「アストンマーティン」と聞けば「007のボンドカー」を思い浮かべる人も多いだろう。007ことジェームズ・ボンドの愛車といえばアストンマーティンであり、最近の007映画では(一時期はアストンマーティン以外がボンドカーとして使われていたことがあった)、最新のアストンマーティン車がボンドカーとして登場している。

2020年11月に全世界で公開される、第25作目となる最新作「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」では、クラシックなV8、最新ボンドカーとなるスーパーGT(ヴァルキリー?)、DBS スーパーレッジェーラ、そしてヴァルハラといったアストンマーティン車が4車種も登場する。この映画公開を記念して、2車種のスペシャルエディションが製作された。これらは、アストンマーティンのパーソナライゼーション サービス部門である「Q by アストンマーティン」が手がけている。

画像: ヴァンテージ 007エディション(スキーとラックは限定オプション)。

ヴァンテージ 007エディション(スキーとラックは限定オプション)。

まず1車種目は、1987年に公開された「リビング・デイライツ」でデビューし、「ノー・タイム・トゥ・ダイ」に登場するV8にヒントを得た「ヴァンテージ 007エディション」だ。ヴァンテージをベースに、V8の特徴だったクロームベゼル付きの専用メッシュグリルや、映画に登場するV8のロケット噴射のハザード ストライプにヒントを得た、黄色い破線ディフューザーなどを備える。映画でV8に装着されていた雪上走行用のスキー アウトリガーをインスパイアした、スキーとラックのセット(限定版)もオーダーできる。

ボディカラーはカンバーランド グレーで、インテリアはオブシディアン ブラックレザーとダーククローム仕様。センターコンソールには007のロゴが配され、映画のボンドカーに採用されていた様々な武器やデバイスを操作するスイッチを模してレーザー刻印されたガジェットプレートが装着されている。

このヴァンテージ 007エディションは全世界で100台が限定生産され、トランスミッションはMTとATの選択が可能だ。

画像: DBS スーパーレッジェーラ 007エディション。

DBS スーパーレッジェーラ 007エディション。

もう1車種はDBS スーパーレッジェーラをベースにした「DBS スーパーレッジェーラ 007バージョン」で、全世界で25台の限定生産となる。ボディカラーは特別なセラミックグレーで、ルーフ、ミラーカバー、スプリッター、ディフューザー、リアのエアロブレードIIには、ブラックのカーボンファイバーが採用されている。専用のホイールはダイヤモンド切削仕上げのグロスブラック21インチY字スポークで、フェンダーにはブラッククローム仕上げの007エンブレム、リアスポイラーのブレードにはステンレスの007フォイル(箔押し)も備わる。

コクピットは暗色系のカラーで統一され、レザーのインテリアにはレッドのステッチが施されている。さらにドア内張り、センターアームレスト、サブウーファーのカバーに007のロゴが装着される。

画像: ドア内張りに007のロゴが入った、DBS スーパーレッジェーラ 007エディション。

ドア内張りに007のロゴが入った、DBS スーパーレッジェーラ 007エディション。

イギリス本国における推奨小売価格は、ヴァンテージ 007エディションが16万1000ポンド(約2300万円)から、DBS スーパーレッジェーラ 007エディションが27万9025ポンド(約3900万円)からとなっており、最初の納車は2021年の第1四半期に開始される予定だ。日本仕様に関しては現在のところアナウンスされていないが、全世界限定となっているところから、どちらも何台かは導入されるに違いない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.