2020年、ますます盛り上がりを見せる250クラスは、ロードバイクはもちろん、アドベンチャーバイクやオフロードマシン、ビッグスクーターまで、あらゆるジャンルが揃ったカテゴリーになっています。普通自動二輪免許で乗ることができ、車検も不要で維持費も安い!そんな最新250ccモデルを日替わりでチェック!

スズキ「ジクサー 250」

画像1: マットプラチナシルバーメタリック№2×マットブラックメタリック№2

マットプラチナシルバーメタリック№2×マットブラックメタリック№2

[全長×全幅×全高]2010×805×1035㎜
[ホイールベース]1345㎜
[シート高]800㎜
[車両重量]154㎏
[車両価格]44万8800円

俊敏な走りとリーズナブルな価格で注目されたジクサー150の兄弟モデルとして新登場したモデル。150をベースに強化されたフレームとスイングアームへ、Φ41㎜の正立フォークと7段階のプリロード調整機能付のリアサスを装着。

エンジンは新開発のOHC4バルブヘッドを備える250㏄油冷単気筒で、高出力を発揮しながら軽く、小さく、シンプルで、環境性能も重視したもの。

車体の軽量さやアップライトなポジション設定と合わせて、ジクサーの持ち味であったスポーティかつフレンドリーな走りに磨きをかけた。

抑揚の効いたタンク形状と流麗なラインのシュラウド、フロントからリアにかけてのグラマラスな曲線を強調した新しいスタイリングも印象的。

<SPECIFICATION>

①油冷4ストOHC4バルブ単気筒 ②249㏄ ③76.0×54.9㎜ ④10.7:1 ⑤26PS/9000rpm ⑥2.2㎏ーm/7300rpm ⑦FI ⑧12L⑨24°20′ ⑩96㎜ ⑪6速リターン ⑫ディスク・ディスク ⑬110/70R17・150/60R17

【諸元項目】①エンジン形式 ②総排気量 ③ボア×ストローク ④圧縮比 ⑤最高出力 ⑥最大トルク ⑦燃料供給方式 ⑧燃料タンク容量 ⑨キャスター角 ⑩トレール量⑪変速機形式 ⑫ブレーキ形式 前・後 ⑬タイヤサイズ 前・後

<カラーバリエーション>

画像2: マットプラチナシルバーメタリック№2×マットブラックメタリック№2

マットプラチナシルバーメタリック№2×マットブラックメタリック№2

画像: マットブラックメタリック№2

マットブラックメタリック№2

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.