土屋太鳳が主演を務める禁断の“裏”おとぎ話サスペンス映画『哀愁しんでれら』が2021年2月5日(金)に公開決定。あわせて特報映像が解禁された。

youtu.be

彼女が起こしてしまう”社会を震撼させる凶悪事件”とは何なのか⁉

このたび解禁となる特報映像は「女のコは誰でも、ひとつの恐怖を抱えている。」という主人公・小春(土屋太鳳)の言葉で幕を開ける。

優しく裕福でまるで王子様のような大悟(田中圭)との結婚式、彼の娘ヒカリ(COCO)も交えた幸せそうな家族3ショット映像から一変、窓にペンキで書かれた「人殺し」の文字や青い目の異様な家族の肖像画、線路に横たわる小春の姿など、不穏な場面が次々と映し出され、彼女の耳になだれ込む様々な声を遮るかのように耳に指を当てる小春の姿が。

「幸せにならなくちゃ」と追い詰められた彼女の決意とともに、「うちの子がやるわけないでしょ!!」と絶叫し、狂気の片鱗を見せる小春。

彼女が起こしてしまう”社会を震撼させる凶悪事件”とは何なのか⁉ ただ幸せを求めた女性が狂気のプリンセスと化してしまった原因とは一体―-!?

このたび小春と大悟の娘ヒカリの姿も初お目見え。演じるのはフォロワー数64.6万人を超える世界的キッズインスタグラマーのCOCO。本作が映画初出演となる。

本作『哀愁しんでれら』は、一度はシンデレラのように幸せを手にしながら、やがて社会を震撼させる凶悪事件を起こすに至る女性の狂気を描く禁断の“裏”おとぎ話サスペンス。

児童相談所に勤める平凡な女性が、一晩で怒涛の不幸にあい、すべてを失ってしまう。人生を諦めようとしていた彼女だったが、8歳の娘を男手ひとつで育てる開業医と出会い、優しく、裕福で、王子様のような彼に惹かれていく。彼の娘とも仲良くなり、プロポーズを受け入れ、不幸のどん底から一気に幸せの頂点へ駆け上がる! まさにシンデレラとなった彼女は、夫と娘と共に幸せな家庭を築いていこうと決意し、新婚生活を始めるのだが、その先には想像もできない毎日が待っていた・・・。

哀愁しんでれら
2021年2月5日(金)全国公開
配給:クロックワークス
©️2021 「哀愁しんでれら」製作委員会

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.