25年の時を経て再び登場した、カワサキの技術の粋を集めたクオーターインライン4。その各部を余すことなくお見せしよう!

「最強・最高の4気筒」にこだわったZX-25Rのエンジン

画像: Kawasaki Ninja ZX-25R 総排気量:249cc エンジン:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 メーカー希望小売価格(税込):82万5,000円/SE、SE KRT EDITIONは、91万3,000円 発売予定日:2020年9月10日 ※写真のモデルは、Ninja ZX-25R SE KRT EDITION

Kawasaki Ninja ZX-25R

総排気量:249cc
エンジン:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
メーカー希望小売価格(税込):82万5,000円/SE、SE KRT EDITIONは、91万3,000円
発売予定日:2020年9月10日
※写真のモデルは、Ninja ZX-25R SE KRT EDITION

カワサキがこだわったのはシンプルに「最強の4気筒エンジン」。超高回転域での目を見張るようなパワー、胸のすくような吹け上がり、そしてエキサイティングな「4気筒らしい」サウンドを追求する一方で、単なるピーキーなエンジンとはならないよう、低中回転域でのトルクにもこだわり抜いた。

かつての名機・ZXR250より1㎜ボアを拡大した仕様とし、バルブ挟み角も狭くしてコンパクトな燃焼室を追求。燃焼室には精密加工が施され、吸排気ポートはポリッシュ仕上げ、排気バルブの素材には高負荷に強いインコネルを採用するなど、手間もコストも惜しまず、文字通り至高の4気筒エンジンを作り上げたのだ。

画像: 優れたハンドリングの実現のため、エンジンの搭載位置をできるだけ高くして、重心の位置にも配慮している。

優れたハンドリングの実現のため、エンジンの搭載位置をできるだけ高くして、重心の位置にも配慮している。

正面から見ると、4気筒ながら非常にコンパクトだ。アルミダイキャストシリンダーはオープンデッキ設計で軽量化にも貢献。

画像: シリンダーの傾斜角は少な目で、これによりエンジンの前後長も抑えている。バルブ挟み角は28度として、コンパクトな燃焼室による燃焼効率の向上を図っている。

シリンダーの傾斜角は少な目で、これによりエンジンの前後長も抑えている。バルブ挟み角は28度として、コンパクトな燃焼室による燃焼効率の向上を図っている。

画像: プラグはロングリーチタイプ。ウォータージャケットの配置を効率的に行え、エンジンの冷却性能をアップさせている。

プラグはロングリーチタイプ。ウォータージャケットの配置を効率的に行え、エンジンの冷却性能をアップさせている。

画像: エキパイを接続する排気ポートが大きめなことに注目。これはエキパイが太いことを示しており、高回転型の証なのだ。

エキパイを接続する排気ポートが大きめなことに注目。これはエキパイが太いことを示しており、高回転型の証なのだ。

画像: オイルパンに冷却フィンを設けるなど、冷却効率も入念に工夫。アシスト&スリッパークラッチも標準装備している。

オイルパンに冷却フィンを設けるなど、冷却効率も入念に工夫。アシスト&スリッパークラッチも標準装備している。

画像: 吸気ポートは吸入効率に優れるダウンドラフト方式を採用。ラムエアシステムで加圧された空気をスムーズに取り込む。

吸気ポートは吸入効率に優れるダウンドラフト方式を採用。ラムエアシステムで加圧された空気をスムーズに取り込む。

画像: スロットルボアは30φ。電子制御スロットルバルブを採用することにより、スムーズで自然なレスポンスを実現している。ECUはZH2と同タイプのものを採用する。

スロットルボアは30φ。電子制御スロットルバルブを採用することにより、スムーズで自然なレスポンスを実現している。ECUはZH2と同タイプのものを採用する。

2気筒のニンジャ250とのパワーグラフ比較図。ZX-25Rはパワー、トルクともに超高回転域でピークを迎えていることが見て取れる。

画像: ラムエアダクトはH2と同じ左回りレイアウトを採用。雨天時の走行における、エアクリーナーボックスへの水の進入を防ぐ「水切り性能」を高めている。

ラムエアダクトはH2と同じ左回りレイアウトを採用。雨天時の走行における、エアクリーナーボックスへの水の進入を防ぐ「水切り性能」を高めている。

画像: 精密な構造のバルブ回り。カムシャフトの駆動方式はサイドカムチェーン。カワサキの高性能エンジンが代々採用してきた方式だ。

精密な構造のバルブ回り。カムシャフトの駆動方式はサイドカムチェーン。カワサキの高性能エンジンが代々採用してきた方式だ。

ピストンは高回転型エンジンに有利な、軽量アルミ鋳造。バルブスプリングは3段レートで、排気バルブは高負荷に強いインコネル製。

画像: 独特な構造のエキゾースト。4.5リットルという大容量の二重構造デュアルチャンバーを採用し、出力特性を向上させつつ、マスの集中化と低重心化も実現。

独特な構造のエキゾースト。4.5リットルという大容量の二重構造デュアルチャンバーを採用し、出力特性を向上させつつ、マスの集中化と低重心化も実現。

ヘッダーパイプとコレクターパイプのレイアウトはZX-6Rでのノウハウを生かしたもの。ジョイントパイプが低回転時のトルクを強化する。

画像: 大容量チャンバーの採用でサイレンサーを小型化。すっきりした外観と車体のスリム化に大きく貢献している。

大容量チャンバーの採用でサイレンサーを小型化。すっきりした外観と車体のスリム化に大きく貢献している。

カワサキ「Ninja ZX-25R」主なスペックと価格

全長×全幅×全高1980mm×750mm×1110mm
ホイールベース1380mm
最低地上高125mm
シート高785mm
車両重量183kg(SE・SE KRTは184kg)
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量249cc
ボア×ストローク50.0×31.8mm
圧縮比11.5
最高出力33kW(45PS)/15500rpm ラムエア加圧時:34kW(46PS)/15500rpm
最大トルク21N・m(2.1kgf・m)/13000rpm
燃料タンク容量15L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.2゜
トレール量99mm
タイヤサイズ(前・後)110/70R17M/C 54H・150/60R17M/C 66H
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク 310mm (外径)・シングルディスク 220mm (外径)
メーカー希望小売価格税込82万5000円(SE・SE KRTは税込91万3000円)

文:オートバイ編集部/写真:鶴身 健

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.