2020年2月から7月にかけて133回連載して人気を博した「スーパーカー年代記」。その中から人気の高かった10モデルを夏休み特別企画としてプレイバックしよう。栄光の第1位は予想どおりというべきか、「ランボルギーニ カウンタック」だ。

ランボルギーニ カウンタック LP400(1974-1978年)

画像: カウンタックは、すべてが自動車の常識を覆す新規なアイディアで作られた。

カウンタックは、すべてが自動車の常識を覆す新規なアイディアで作られた。

「スーパーカー」という言葉を聞くと、誰もが真っ先に思い浮かべるクルマといえば、やはりランボルギーニ カウンタックではないだろうか。昭和から平成を経て令和の時代になっても「キング of スーパーカーはカウンタックだ!」というクルマ好きは多いはずだ。

1971年のジュネーブ モーターショーに展示されたプロトタイプの「LP500」は、カウンタックの名を一瞬で世界に印象付けた。車名の「カウンタック(COUNTACH)」とは、イタリア北西部ピエモンテ地方の方言で驚いたときの感嘆符的な「クンタッチ!」が語源、というのも有名なエピソードだ。

シザーズドアを持つ究極ともいえるウエッジシェイプボディは、ミウラ同様に鬼才マルチェロ・ガンディーニの作品。パワートレーンのレイアウトはジャンパオロ・ダラーラ監督の下、パオロ・スタンツァーニが手がけた。エンジンは縦置きミッドシップとして、ミウラで問題となった過大な後軸重による操縦性の悪化を解消したのだが、エンジン冷却や車体剛性不足などの問題解決に時間を要し、市販版のLP400を世に送り出すまでに4年をかけている。

画像: 前後逆にミッドシップ搭載される4LのV12 DOHC。写真の左側が前方で、ミッションは座席中央にありリンケージを介さない直動式だ。

前後逆にミッドシップ搭載される4LのV12 DOHC。写真の左側が前方で、ミッションは座席中央にありリンケージを介さない直動式だ。

LP400は、フレームを鋼管スペースフレームに換え、エンジンもミウラ用の4Lに変更された。V12エンジンを前後逆にして縦置きミッドシップ搭載する特殊なレイアウトのため、運転席と助手席の間にミッションがあり、そこで180度伝達方向を変えたパワーはオイルサンプを貫通するシャフトを経由してデフに導かれる。

その結果、前後重量配分の適正化やミウラより50mm短いホイールベースによりハンドリングが向上。シフトフィールも改善されるなど、自動車としての基本性能が大幅に向上したのがlp400の美点だったと言って良いだろう。

1978年にはLP400のエボリューションモデルとして、LP400Sが登場。1980年代に入ると、1982年には4.8LのV12を搭載したLP500S、1985年には5.2LのV12 4バルブDOHCを搭載した5000クワトロバルボーレへと進化していく。

画像: ボローニャにあるランボルギーニ博物館所蔵のLP400プロトタイプ。LP500はクラッシュテストに使用されたため、これが現存する最も古いカウンタックと言われる。

ボローニャにあるランボルギーニ博物館所蔵のLP400プロトタイプ。LP500はクラッシュテストに使用されたため、これが現存する最も古いカウンタックと言われる。

ランボルギーニ カウンタック LP400 主要諸元

●全長×全幅×全高:4140×1890×1070mm
●ホイールベース:2450mm
●重量:1320kg
●エンジン種類:60度V12 DOHC
●排気量:3929cc
●最高出力:375ps/8000rpm
●最大トルク:36.8kgm/5500rpm
●駆動方式:縦置きミッドシップRWD
●トランスミッション:5速MT
●タイヤサイズ:前205/70VR14、後215/70VR14

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.