勝利にこだわった独創のエアロフォルム!

画像: (左) CBR1000RR-R FIREBLADE SP 税込価格:278万3000円 (右) CBR1000RR-R FIREBLADE 税込価格:242万円

(左)CBR1000RR-R FIREBLADE SP
 税込価格:278万3000円

(右)CBR1000RR-R FIREBLADE
 税込価格:242万円

画像: 写真はスタンダード。カラーは伝統的なトリコロールの「グランプリレッド」と黒の「マットパールモリオンブラック」をラインアップ。

写真はスタンダード。カラーは伝統的なトリコロールの「グランプリレッド」と黒の「マットパールモリオンブラック」をラインアップ。

【人気カラーアンケート】あなたはどちらのCBR1000RR-R FIREBLADEが好き?

黒とトリコロール、あなたはどちらのCBR1000RR-R FIREBLADEが好みですか? 投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: 【全方位チェック】ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE/SP」スタイリング解説! 人気カラーアンケートも実施中
    マットパールモリオンブラック
  • 画像2: 【全方位チェック】ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE/SP」スタイリング解説! 人気カラーアンケートも実施中
    グランプリレッド
  • 画像3: 【全方位チェック】ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE/SP」スタイリング解説! 人気カラーアンケートも実施中
    マットパールモリオンブラック
    38
    101
  • 画像4: 【全方位チェック】ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE/SP」スタイリング解説! 人気カラーアンケートも実施中
    グランプリレッド
    62
    168

投票ありがとうございました!

以下、写真はSP。SPのカラーはトリコロールの「グランプリレッド」1色の設定となっている。

画像: ダクトウイングがあるため、正面から見ると左右の張り出しが大きく見えるが、リアビューはスリムですっきりしたもの。

ダクトウイングがあるため、正面から見ると左右の張り出しが大きく見えるが、リアビューはスリムですっきりしたもの。

画像: トリコロールのグラフィックは先代のSPに採用されていたパターンを引き継いだもの。RC213V-Sを想わせるボディカラーだ。

トリコロールのグラフィックは先代のSPに採用されていたパターンを引き継いだもの。RC213V-Sを想わせるボディカラーだ。

画像: ライダーが伏せたときのことを考え、タンク上面を従来型より45㎜下げるなど、随所に工夫が施されている。

ライダーが伏せたときのことを考え、タンク上面を従来型より45㎜下げるなど、随所に工夫が施されている。

画像: 後方に向かって絞り込んでいくようなボディライン。ライダーが伏せた際の空気のスムーズな流れも考慮されている。

後方に向かって絞り込んでいくようなボディライン。ライダーが伏せた際の空気のスムーズな流れも考慮されている。

画像: リアタイヤ付近に発生する空気の乱流を低減するため、アンダーカウルの後端がタイヤに向かって延びたような形状となっている。

リアタイヤ付近に発生する空気の乱流を低減するため、アンダーカウルの後端がタイヤに向かって延びたような形状となっている。

ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」「CBR1000RR-R FIREBLADE」主なスペックと価格

全長×全幅×全高2100×745×11040mm
ホイールベース1455mm
最低地上高115mm
シート高830mm
車両重量201kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量999cc
ボア×ストローク81.0×48.5mm
圧縮比13.2
最高出力160kW(218PS)/14500rpm
最大トルク113N・m(11.5kgf・m)/12500rpm
燃料タンク容量16L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.00゜
トレール量102mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C(58W)・200/55ZR17M/C(78W)
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格SPは税込278万3000円・STDは税込242万円

まとめ:オートバイ編集部/写真:赤松 孝、南 孝幸

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.