クルマ擬人化マンガ「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」…略して「ウチクル!?」の第56話。今回の主人公は、熱くて重たいエンジンをコクピットの後ろに搭載した国産MRスポーツの2代目「トヨタ MR2(SW20)」。漫画:鈴木秀吉

ウチクル!?第56話「トヨタ MR2(SW20)がこんなに可愛いわけがない!?」

画像1: ウチクル!?第56話「トヨタ MR2(SW20)がこんなに可愛いわけがない!?」
画像2: ウチクル!?第56話「トヨタ MR2(SW20)がこんなに可愛いわけがない!?」
画像3: ウチクル!?第56話「トヨタ MR2(SW20)がこんなに可愛いわけがない!?」
画像4: ウチクル!?第56話「トヨタ MR2(SW20)がこんなに可愛いわけがない!?」

ウチクル!?バックナンバー

トヨタ MR2(SW20型・1989年10月17日発売)

初の国産ミッドシップスポーツとして誕生したMR2、その2代目はボディを全長220mm/全幅30mm拡大して車格をひとつあげ、セリカやカリーナなどとベースを同じくしていた。タイヤサイズも大きく前後異サイズに、サスペンションをストラット形式の4輪独立懸架にするなど操縦性や高速安定性を高められていた。しかし、それでも初期モデルは接地感に乏しいという評価も多く、後期型で足まわりやブレーキなどに改良が施されて挙動は安定するようになったという。

画像: トヨタ MR2の従来モデル(AW11)では185/60R14の前後同じサイズのタイヤを履いていたが、2代目(SW20)では前195/60R14・後205/60R14としていた。さらに後期型では195/55R15・後225/50R15に拡大。

トヨタ MR2の従来モデル(AW11)では185/60R14の前後同じサイズのタイヤを履いていたが、2代目(SW20)では前195/60R14・後205/60R14としていた。さらに後期型では195/55R15・後225/50R15に拡大。

トヨタ MR2(GT/標準ルーフ) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4170×1695×1240mm
●ホイールベース:2400mm
●車両重量:1240kg
●エンジン種類:3S-GTE/直4DOHCターボ
●排気量:1998cc
●最高出力:225ps/6000rpm
●最大トルク:31.0kgm/3200rpm
●トランスミッション:5速MT
●駆動方式:MR
●タイヤサイズ:前195/60R14・後205/60R14
●車両価格:263万8000円(当時・東京)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.