8月8,9日に開催された2020年スーパーGT選手権第2戦は、開幕戦に続き富士スピードウェイでの開催となった。GT500クラスではKEIHIN NSX-GTが予選2番手から優勝を飾り、今年よりFR化されたNSX-GTの初勝利となった。

NSX-GTがフロントロー

画像1: NSX-GTがフロントロー

開幕戦に続き第2戦も無観客での開催。前日に行われた予選でポールを獲得したのは8号車ARTA NSX-GT、2番手に17号車KEIHIN NSX-GTとNSX勢がフロントローからのスタートとなった。3番手スタートの39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supraと4番手カルソニック IMPUL GT-Rはスタート直後にポジションを入れ替え周回を重ねる。

画像2: NSX-GTがフロントロー

トップ2台のNSX-GTは後続を引き離しつつ付かず離れずの状態でレース前半をリードする。2番手の17号車NSXはトップの8号車NSXにプレシャーを与えながら周回、そしてついに15周目には8号車を捉え17号車NSXが首位に立つ。

画像3: NSX-GTがフロントロー

17号車KEIHIN NSX-GTは30周目にピットインしベルトラン・バゲットから塚越広大へドライバー交代。一旦は8号車ARTA NSX-GTにポジションを明け渡すが、35周目にピットアウト直後の8号車を交わし再びトップに立つ。

画像4: NSX-GTがフロントロー

序盤からサッシャ・フェネストラズが追い上げを見せ2台のNSXの背後まで迫った36号車au TOM'S GR Supraは、関口雄飛へ交替してもそのペースを落とさずSupra勢のトップを走行。8号車NSXのスピンもあって2番手へポジションを上げるが、トップを走行するKEIHIN NSX-GTとの差はすでに20秒以上開いていた。

画像5: NSX-GTがフロントロー

その後方、3番手争いは熾烈を極めていた。12号車カルソニック IMPUL GT-Rと14号車WAKO'S 4CR GR Supra、それに続き前戦のウィナー37号車KeePer TOM'S GR Supraが隙を伺う。この決着は42周目に2台のSupraが12号車GT-Rを交わしたことで決着。2位から4位をSupra勢が占め、100号車RAYBRIG NSX-GTがこれに続いた。

画像6: NSX-GTがフロントロー

66周の決勝レースのトップチェッカーを受けたのは17号車KEIHIN NSX-GT、今年度よりFRへと駆動方式を変更したNSXが念願の勝利を手にした。そして驚くべきことに2位、3位は開幕戦と全く同じ顔触れ、36号車と14号車が連続表彰台に上がった。これによりポイントランキングで36号車の関口、フェネストラズが首位に立った。

画像7: NSX-GTがフロントロー

写真提供 GTA

GT500クラス 決勝結果

1位 17号車 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)
2位 36号車 au TOM'S GR Supra(関口雄飛/サッシャ・フェネストラズ)
3位 14号車 WAKO'S 4CR GR Supra(大嶋和也/坪井翔)
4位 37号車 KeePer TOM'S GR Supra(平川亮/ニック・キャシディ)
5位 100号車 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)
6位 39号車 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(中山雄一/阪口晴南)
7位 38号車 ZENT GR Supra(立川祐路/石浦宏明)
8位 3号車 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(平手晃平/千代勝正)
9位 23号車 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)
10位 16号車 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/笹原右京)
11位 12号車 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/平峰一貴)
12位 24号車 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R(高星明誠/ヤン・マーテンボロー)
13位 64号車 Modulo NSX-GT(伊沢拓也/大津弘樹)
14位 8号車 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)
15位 19号車 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.