2020年、ますます盛り上がりを見せる250クラスは、ロードバイクはもちろん、アドベンチャーバイクやオフロードマシン、ビッグスクーターまで、あらゆるジャンルが揃ったカテゴリーになっています。普通自動二輪免許で乗ることができ、車検も不要で維持費も安い!そんな最新250ccモデルを日替わりでチェック!

ヤマハ「YZF-R25/ABS」

画像: ヤマハ「YZF-R25/ABS」

[全長×全幅×全高] 2090×730×1140㎜
[ホイールベース] 1380㎜
[シート高] 780㎜
[車両重量] 167㎏/170㎏(ABS)
[車両価格]61万500円/65万4500円(ABS)/67万1000円(Monster Energy Yamaha MotoGP Edition)

「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトとする、ヤマハ製スーパースポーツ・YZF-Rシリーズの250㏄版として、根強い人気を集めているYZF-R25。

2019年モデルでLEDヘッドライトに、YZR-M1のエッセンスを取り入れた新しいカウルと、乗りやすさとサーキットでの扱いやすさを両立した新デザインの燃料タンクを採用。

インナーチューブΦ37㎜径の倒立式フォークを採用して減衰力とバネレートも最適化し、フロント接地感を高め優れたハンドリングを実現している。

画像: ブラックメタリック12(Monster Energy Yamaha MotoGP Edition)

ブラックメタリック12(Monster Energy Yamaha MotoGP Edition)

“Monster Energy Yamaha MotoGP Edition”は、ヤマハのワークスMotoGPマシン・YZR-M1のレプリカカラーを採用する限定モデル。(2019年10月発売 国内限定520台。)

<SPECIFICATION>

①水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 ②249㏄ ③60.0×44.1㎜ ④11.6 ⑤35PS/12000rpm ⑥2.3kg-m/10000rpm ⑦FI ⑧14L ⑨25°00′ ⑩95㎜ ⑪6速リターン ⑫ディスク・ ディスク ⑬110/70-17・140/70-17

【諸元項目】①エンジン形式 ②総排気量 ③ボア×ストローク ④圧縮比 ⑤最高出力 ⑥最大トルク ⑦燃料供給方式 ⑧燃料タンク容量 ⑨キャスター角 ⑩トレール量⑪変速機形式 ⑫ブレーキ形式 前・後 ⑬タイヤサイズ 前・後

<カラーバリエーション>

画像: ディープパープリッシュブルーメタリックC

ディープパープリッシュブルーメタリックC

画像: マットシルバー1

マットシルバー1

画像: マットブラック2

マットブラック2

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.