今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代のニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「ダイハツ ムーヴ」だ。

ダイハツ ムーヴ(3代目:2002年)

画像: カスタム系は伝統の4灯式ヘッドランプにエアロパーツなどでドレスアップ。かなり精悍な顔付き。直4ターボのホイールは15インチだ。

カスタム系は伝統の4灯式ヘッドランプにエアロパーツなどでドレスアップ。かなり精悍な顔付き。直4ターボのホイールは15インチだ。

「新規格軽自動車の第二世代」と謳うだけあって、3代目へとフルモデルチェンジを果たした新型ムーヴは、かなり気合いが入っている。プラットフォームは一新され、これは今後発売予定の新型ミラなどにも導入されるはずだ。

従来型同様、ムーヴのラインアップはノーマル系とカスタム系に大きく分かれている。基本ボディは共通だが、コンサバティブなノーマル系、アバンギャルドなカスタム系と、パッと見には別のクルマに思えてしまう。ノーマル系は従来型よりさらに上質感が増している。面とエッジを組み合わせた新鮮なフォルムは、新開発の塗料を採用し、これまでにない深みと輝きを実現している。

4灯ヘッドランプにエアロパーツをまとったカスタム系は、なかなか精悍だ。形状はノーマル系と同じながらクリアタイプにしたリアコンビランプなど、とても純正モデルとは思えない(?)フルドレスアップぶりだ。それでも、どことなく品良くまとめられているのがメーカーならではだろうか。

インテリアも、しっかり差別化がされている。大径のスピードメーター(ホワイト)のノーマル系に対し、カスタム系のターボ車はスピード/タコをデュアルに配したスポーティなタイプだ。だが、どちらも室内の広さ(特に長さ)は同じく広い。特筆すべきはリアシートで、軽自動車に乗っていることを忘れさせてしまうほどだ。

画像: カスタムRSリミテッドのインパネ。MOMO製ステアリングにはマニュアル操作用スイッチも備わる。オプションのナビは優れものだ。

カスタムRSリミテッドのインパネ。MOMO製ステアリングにはマニュアル操作用スイッチも備わる。オプションのナビは優れものだ。

今回試乗したのは、カスタム系のトップグレード「RSリミテッド」とノーマル系の売れ筋モデル「X」。駆動方式はいずれもFFで、ミッションはコラム4ATだ。

RSリミテッドに搭載されるエンジンは軽としては稀少な4気筒ターボ。ダイハツは3気筒ターボもラインアップしているが、トップグレードには4気筒を設定している。小排気量の4気筒ターボでは低速トルクが不足気味ではと懸念されたが、コンプレッサーやタービン翼車を改良したため、3000rpm以上なら十分なトルクが発生している。そのまま上質な加速を見せ、街中はもちろん高速でも車の流れをリードすることは可能だ。

ATはステアリング上でマニュアルシフトも可能なのだが、切り替えスイッチがセンターダッシュにあってわかりにくいことと、スポークの形状からシフトスイッチが少し押しにくいことが難点。もっとも、Dレンジに入れっぱなしでも走りに不満は感じられないが。オプションのDVDナビはCD対応で20万円だが、携帯電話を接続すればハンズフリーやメールにも対応する優れもの。さらに4万円でブラインドコーナーモニターも装着できる。

NA3気筒を搭載したXは、常用域ではまずまずだが高速域ではノイジーで少々非力。タウンユース中心でショッピングや子供の送り迎えといったシチュエーションなら不満はないだろうが、走りの余裕を考えると3気筒でもターボを選びたくなる。ノーマル系かカスタム系かは、個人の好みで選べばいいだろう。どちらの雰囲気も悪くない。

スタイル一新、走りにも不満はなく、室内は十分広い。新型ムーヴは、ekスポーツやマイチェンしたワゴンRなど、他社のライバルに脅威を与えることは間違いなさそうだ。

画像: カスタムRSリミテッドのリアビュー。エアロパーツだけでなく、リアコンビランプもクリアタイプでノーマルとは別物に換えられている。

カスタムRSリミテッドのリアビュー。エアロパーツだけでなく、リアコンビランプもクリアタイプでノーマルとは別物に換えられている。

■ダイハツ ムーヴカスタム RSリミテッド 主要諸元

●全長×全幅×全高:3395×1475×1610mm
●ホイールベース:2390mm
●車重:870kg
●エンジン形式:直4・4バルブDOHC+ターボ・横置きFF
●排気量:659cc
●最高出力:47kw(64ps)/6000rpm
●最大トルク:100Nm(10.2kgm)/3600rpm
●ミッション:4速コラムAT(マニュアルモード付き)
●タイヤ:165/55R15
●当時の価格:146万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.