2020年2月から7月にかけて133回連載して人気を博した「スーパーカー年代記」。その中から人気の高かった10モデルを夏休み特別企画としてプレイバックしよう。第7位は「ランボルギーニ カウンタック」の歴代モデルだ。

ランボルギーニ カウンタックの歴代モデル(1975〜1990年)

ランボルギーニ カウンタックとして最初の市販モデルは、LP400だった。以降、カウンタックは進化を続けていくのだが、その中から、代表的なモデルをいくつか紹介しておこう。

カウンタック ウォルター・ウルフ

画像: ウォルター・ウルフがチューンしたカウンタックは、以後のランボルギーニ社のクルマ作りにも影響を与えた。

ウォルター・ウルフがチューンしたカウンタックは、以後のランボルギーニ社のクルマ作りにも影響を与えた。

1975年から1978年に、世界で3台だけが製作されたといわれる、LP400のスペシャルモデル。1970年代後半、カナダの石油王でF1チームのオーナーでもあったウォルター・ウルフが、自ら購入したLP400に、大型リアウイングやオーバーフェンダー、ブラーボ用ホイール+超偏平ピレリP7タイヤなどを装着したモデルだ。この後、チューンドエンジンを搭載した2号車が作られ、さらにフレームやブレーキ、クラッチを強化したシャシに、チューンした2号車用エンジンを搭載した最終モデルの3号車が製作されている。このウォルター・ウルフ仕様に感化されて、LP400はLP400Sに進化したといわれている。

カウンタック 5000クワトロバルボーレ

画像: 1985年に登場した、その名のとおり4バルブDOHCを搭載した「カウンタック5000クワトロバルボーレ」。

1985年に登場した、その名のとおり4バルブDOHCを搭載した「カウンタック5000クワトロバルボーレ」。

1985年、フェラーリの新たなフラッグシップとして登場したテスタロッサに対抗するため製作された、カウンタック シリーズ最強のモデル。車名が示すとおり4バルブDOHCのヘッドを採用した5164ccのエンジンは、燃料供給装置をウエーバー製の44DCNFキャブ×6基に変更して、最高出力は455psまで強化されていた。併せてシャシもホイールベースを2500mmに延長して直進安定性の向上が図られた。後期型の燃料供給装置はKジェトロニックがオプション設定されたが、排出ガス規制対応用で、最高出力は426psに留まっている。1988年まで生産された。

カウンタック 25thアニバーサリー

画像: 1988年のランボルギーニ・デイに登場したカウンタックの最終モデルが、この「25thアニバーサリー」だ。

1988年のランボルギーニ・デイに登場したカウンタックの最終モデルが、この「25thアニバーサリー」だ。

1988年のランボルギーニ・デイで、ランボルギーニ社の創立25周年を記念して発表された最終モデル。M.ガンディーニの基本デザインを後継者のオラチオ・パガーニがエアロダイナミクスを中心にリファインしたものだ。新たなエアロデバイスはフロントバンパー&スポイラー、サイドスカート、新デザインのエアボックスなど多岐にわたり、外観のイメージを大きく変えた。そのためカウンタック ファンの間でも好みが分かれると言われている。

搭載されるエンジンは、5000クワトロバルボーレから継承した5167ccのV12 DOHC 48バルブで最高出力は455psを発生。燃料供給装置はKジェトロニックがオプション設定されるのも5000クワトロバルボーレと同じだ。空力パーツで獰猛さを増した25thアニバーサリーは、1990年7月の生産終了までに当時のスーパーカーとしては異例ともいえる650台を超える個体が生産され、カウンタックのフィロソフィは後継のディアブロへと引き継がれた。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.