2020年8月5日、ダイハツ工業(以下、ダイハツ)はミドルセダンの「アルティス」を一部改良して発売すると発表した。

姉妹車のトヨタ カムリと同様の一部改良を施す

画像: アルティス G(ボディカラーは、アティチュードブラックマイカ)。

アルティス G(ボディカラーは、アティチュードブラックマイカ)。

アルティスは、トヨタ カムリのOEM供給モデルだ。初代は2000年に発表され、現行型は2017年に発表された5代目となる。ただし、カムリは世界戦略車として世界中で販売されているが、アルティスは国内販売専用モデルとなる。現行型の搭載パワーユニットもカムリと同じ2.5L 直4エンジン+モーターのハイブリッドで、カムリとの違いは、内外装のエンブレムくらいだ。

今回の一部改良では、隣接する車線の死角領域の車両を検知し、ドアミラー搭載のLEDインジケーターが点灯する安全機能や、ブラインドスポットモニターを標準化して、車両の安全性を向上させた。

画像: アルティス Gのインテリア。

アルティス Gのインテリア。

アルティスは「G」のみのモノグレードで、車両価格(税込)は、365万2000円。エコカー減税は、免税となる。駆動方式は2WD(FF)、トランスミッションは電気式無段変速機のみ。今回の一部改良では、パワートレーンのスペックや内外装などに変更はない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.