2014年に日本でも出版され一大ブームを巻き起こした、フランスの経済学者トマ・ピケティによる同名の経済学書「21世紀の資本」を、ピケティ自身が監修、出演をこなし映画化した『21世紀の資本』が2020年8/8(土)~9/30(水)まで期間限定配信されることが決定した。
画像: 『21世紀の資本』予告編 www.youtube.com

『21世紀の資本』予告編

www.youtube.com

“ますます混迷し先が見通せない、こんな事態だからこそ観ておきたい”

新型コロナの影響で急激に劇場観客動員が落ち込みつつあった3月20日に都内3館で公開された本作は、大方の予想を裏切る絶好調のスタートを切った。

それを受けて翌週には急遽40館以上への拡大が決定。しかしその直後の”緊急事態宣言”により全国の劇場が閉鎖、本作も上映中断を余儀なくされた。

しかしその間もSNS上では「まさに今だからこそ見るべき映画」などと話題がひきもきらず、5月22日の上映再開ではさらに全国100スクリーンにまで拡大、興収3500万円と、経済ドキュメンタリー映画としては異例ずくめの展開を見せた。

“ますます混迷し先が見通せない、こんな事態だからこそ観ておきたい”そんな声にこたえるべく、今回の期間限定・緊急配信が実現した。

本作は「なぜ格差が生まれるのか?」「働いてもお金持ちになれないのはなぜか?」、「社会の何を変えなければいけないのか?」といった、21世紀を生きる私たちが知らなければならない最重要課題や、昭和の高度経済成長、平成のリーマン・ショックの真相にも迫る経済エンターテインメント。

原作は728ページという超大作のため、完読が難しいのも有名な話だが、『ウォール街』、『プライドと偏見』、『レ・ミゼラブル』、『ザ・シンプソンズ』、『エリジウム』などの映画のシーンや時代を彩るポップ・ミュージックなどをふんだんに用い、難しい数式など一切使うことなく、本で実証した理論を分かりやすく映像で表現した、まさに唯一無二の“学べる”エンタテインメントとなっている。

21世紀の資本
2020年8月8日(土)より配信開始[9月30日(水)までの期間限定]
―配信サイト―
Amazon Prime Video / RakutenTV / TSUTAYA TV / U-NEXT (4サイト限定)
©2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.