コンフォートモードでの標準車高状態。ホイールハウスとタイヤとの間隔がオールロード性能をアピール。もっとも車高が低くなるダイナミックモードにすると、さらに精悍な印象となる。スポーク部にフィンを備えたエアロデザインのホイールはオプション。
記事本文に戻る

人気記事

This article is a sponsored article by
''.