オリンパスはマイクロフォーサーズシステム用の超望遠ズームレンズの「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」を2020年9月11日発売する。価格は18万円(税別)。

このM.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 ISはM.ZUIKO DIGITALレンズロードマップに記載されているレンズで、2020年9月11日に発売が決まった。
焦点距離は100-400mmで35mm版換算で200-800mm相当の超望遠ズームレンズ。レンズ構成は15群21枚で、EDレンズ4枚、スーパーHRレンズ2枚、HRレンズ2枚を採用し、ズーム全域、画面周辺部までヌケのよい描写を実現している。ZEROコーティングを採用し、ゴースト、フレアの発生も抑えている。最短撮影距離はズーム全域1.3mで、400mm時の撮影倍率は0.57倍相当のテレマクロ撮影が可能。

また3段分の補正効果があるレンズ内手ブレ補正を搭載している。レンズ側、ボディ側ともに手ブレ補正ONの場合、レンズ側の手ブレ補正効果とともに、ボディのIS機能は補助的に作動し、回転ブレ補正効果が得られるが、ボディ内手ブレ補正機構搭載ボディとの5軸シンクロ手ブレ補正には対応していないという。レンズ側の補正OFFではボディ側のISが作動する。
各部にはシーリングが施されPROレンズと同等の防塵・防滴構造を採用している。
またテレコンバーターにも対応し、1.4倍のMC-14装着で140-560mm(280-1120mm相当)に、2.0倍のMC-20装着で200-800mm(400-1600mm相当)のレンズとなる。

画像: フォーカスリミットスイッチを装備する

フォーカスリミットスイッチを装備する

画像: OM-D E-M1 Mark IIIに装着したM.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS

OM-D E-M1 Mark IIIに装着したM.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS

画像: レンズ構成図。15群21枚でEDレンズ4枚、スーパーHRレンズ2枚、HRレンズ2枚を採用

レンズ構成図。15群21枚でEDレンズ4枚、スーパーHRレンズ2枚、HRレンズ2枚を採用

画像: シーリングが施されPROレンズ同等の防塵・防滴構造となっている

シーリングが施されPROレンズ同等の防塵・防滴構造となっている

M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS

●焦点距離:100-400mm(200-800mm相当)
●レンズ構成:15群21枚(EDレンズ4枚、スーパーHRレンズ2枚、HRレンズ2枚)
●画角:12°-3.1°
●絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
●最小絞り:F22
●最短撮影距離:1.3m(ズーム全域)
●最大撮影倍率:0.29倍(tele端0.57倍相当)
●フィルター径:φ72mm
●最大径×長さ:φ86.4×205.7mm
●質量:1325g(三脚座含む)
●発売:2020年9月11日
●価格:18万円(税別)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.