ホンダが新開発したCBR1000RR-R FIREBLADEには、スタンダードモデルと上級仕様の「SP」がある。装備の違いで両車の価格差は30万円以上の開きがあるが、果たしてその違いは走りのテイストにどう表れているのか? 比較インプレッションとともに、両車の装備の差も解説!

【比較インプレ】ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」「CBR1000RR-R FIREBLADE」

パフォーマンスや旋回性はどちらも基本的に同じ

画像: (左) CBR1000RR-R FIREBLADE SP 税込価格:278万3000円 (右) CBR1000RR-R FIREBLADE 税込価格:242万円

(左)CBR1000RR-R FIREBLADE SP 税込価格:278万3000円

(右)CBR1000RR-R FIREBLADE 税込価格:242万円

フロントにショーワのBPF、リアにBFRC‐ライトを採用するのがRR‐Rのスタンダード。SPのような電子制御サスではないが、優秀な作動性を誇るショックだ。クイックシフターがオプションだったり、他にも違いはあるが、6軸IMUをベースにした電子制御ライディングアシストは共通。3種類のライディングモードも同じだ。

このスタンダードと先のSPを同時に試乗したが、その違いは乗り心地と荒れた路面での接地感。乗り心地の違いは決定的で、スタンダードのノーマル設定ではとにかく乗り心地が硬い。小さな凸凹はある程度キレイに吸収するが、ある衝撃レベルを少しでも超えるとそれをライダーにダイレクトに伝えるから、とても硬く感じるのだ。

画像: 手前がSP、奥がスタンダード

手前がSP、奥がスタンダード

実際、スタンダードとSPが並んで走るのを見ると、スタンダードの動きが大きく見える。また、うねった路面で意識して強烈な急制動をした時のフィールにも差がある。フロントのキャリパーはSPがブレンボ、スタンダードがニッシンという違いはあるが、これもサスの動きに由来した違いに思える。

このサスは、ノーマルである程度以上のスポーツライディングを想定し、そこでよく踏ん張るセッティングを施されている。硬く感じたのは、荒れた路面の試乗ルートでそれが目立ってしまったから。スタンダードのショーワが不器用なのではなく、電子制御サスの守備範囲がやたらと広いのだ。

それ以外の、峠道での機動性や旋回性にSPとの大きな違いはない。ライディングアシストも、スライドさせたりリフトさせないように丁寧に作動する。非常に軽快で猛烈なパワーを余すことなく路面に伝え、安心して開けられるのも同じ。これで価格は約36万円も安い。悩ましい差額だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.