ホンダが新開発したCBR1000RR-R FIREBLADEには、スタンダードモデルと上級仕様の「SP」がある。装備の違いで両車の価格差は30万円以上の開きがあるが、果たしてその違いは走りのテイストにどう表れているのか? 比較インプレッションとともに、両車の装備の差も解説!

【装備の違い】ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」「CBR1000RR-R FIREBLADE」

CBR1000RR-R FIREBLADE SP

画像: 電子制御のオーリンズ製サスペンションを採用。フロントのキャリパーもブレンボに。

電子制御のオーリンズ製サスペンションを採用。フロントのキャリパーもブレンボに。

画像: ライディングモードは共通だが、SPには電子制御サスのメニューが加わる。

ライディングモードは共通だが、SPには電子制御サスのメニューが加わる。

画像: クイックシフターを標準装備。シフトアップ、ダウン両方に対応する。

クイックシフターを標準装備。シフトアップ、ダウン両方に対応する。

画像: バッテリーはエリーパワーのリチウムイオン。スペーサーをはさんでマウントする。

バッテリーはエリーパワーのリチウムイオン。スペーサーをはさんでマウントする。

CBR1000RR-R FIREBLADE

画像: 前後サスはショーワ製、フロントブレーキキャリパーはニッシン製を採用。

前後サスはショーワ製、フロントブレーキキャリパーはニッシン製を採用。

画像: メーターの表示機能や3種類のライディングモードはSPと共通のもの。

メーターの表示機能や3種類のライディングモードはSPと共通のもの。

画像: STDはクイックシフターは標準ではなく、2万6950円のオプションとなる。

STDはクイックシフターは標準ではなく、2万6950円のオプションとなる。

画像: バッテリーはシールドタイプのYTZ7S。小型ではあるが、リチウムイオンより重い。

バッテリーはシールドタイプのYTZ7S。小型ではあるが、リチウムイオンより重い。

【スペックと価格】ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」「CBR1000RR-R FIREBLADE」

全長×全幅×全高2100×745×11040mm
ホイールベース1455mm
最低地上高115mm
シート高830mm
車両重量201kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量999cc
ボア×ストローク81.0×48.5mm
圧縮比13.2
最高出力160kW(218PS)/14500rpm
最大トルク113N・m(11.5kgf・m)/12500rpm
燃料タンク容量16L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.00゜
トレール量102mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C(58W)・200/55ZR17M/C(78W)
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格SPは税込278万3000円・STDは税込242万円

文:宮崎敬一郎、オートバイ編集部/写真:赤松 孝、南 孝幸

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.