2020年、ますます盛り上がりを見せる250クラスは、ロードバイクはもちろん、アドベンチャーバイクやオフロードマシン、ビッグスクーターまで、あらゆるジャンルが揃ったカテゴリーになっています。普通自動二輪免許で乗ることができ、車検も不要で維持費も安い!そんな最新250ccモデルを日替わりでチェック!

ホンダ「CRF250Rally」

画像: ホンダ「CRF250Rally」

[全長×全幅×全高]2210(2175)×900×1425(1360)㎜
[ホイールベース] 1455(1430)㎜
[シート高] 895(830)㎜
[車両重量] 157(156)㎏ ※( )はタイプLD
[車両価格]71万5000円

CRF250Lの車体やエンジンをベースに、ホンダのワークスマシン・CRF450ラリーが長年ダカールラリーに参戦してきて得られたノウハウを取り入れて開発されたアドベンチャーバージョン。

左右非対称デザインが目立つ二眼 LEDヘッドライトや、長時間走行での快適性を向上させる大型ウインドスクリーンやシュラウド、ロングストローク化され専用セッティングを施された足回りなどによって、さらなる走破性と快適性を両立させている。

なお、CRF250Lと同様にサスペンションを変更してスタンダードモデルよりもシート高を65mm落とし、足着き性に配慮したType LDもラインナップ。

<SPECIFICATION>

①水冷4ストDOHC4バルブ単気筒 ②249㏄ ③76.0×55.0㎜④10.7:1 ⑤24PS/8500rpm ⑥2.3kg-m/6750rpm ⑦PGMーFI ⑧10L ⑨28°05′/[Type LD:27°35′] ⑩114㎜〔Type LD:113mm〕 ⑪6速リターン ⑫ディスク・ディスク ⑬3.00-21・120/80-18

【諸元項目】①エンジン形式 ②総排気量 ③ボア×ストローク ④圧縮比 ⑤最高出力 ⑥最大トルク ⑦燃料供給方式 ⑧燃料タンク容量 ⑨キャスター角 ⑩トレール量⑪変速機形式 ⑫ブレーキ形式 前・後 ⑬タイヤサイズ 前・後

<カラーバリエーション>

画像: エクストリームレッド

エクストリームレッド

画像: ブラック

ブラック

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.