2020年12月11日(金)に公開の映画『新解釈・三國志』に岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS)と渡辺直美が出演することが発表された。また、メイキング映像も併せて解禁された。

今からおよそ1800年前、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物「三國志」。『三國志」の中には、魏の曹操、呉の孫権、蜀の劉備玄徳をはじめ、中華統一を目指す、一癖も二癖もある個性豊かな武将が登場し戦うことから、日本でも小説や漫画、そしてゲームなど多くのコンテンツが作られ、親しまれてきた。

『今日から俺は‼』などを手掛ける福田雄一監督の解釈のもと脚本を描いた映画『新解釈・三國志』の追加キャストが解禁となった。

主演は、「蜀」の武将・劉備(りゅうび)玄徳(げんとく)を演じる大泉洋。これまで主演の大泉洋をはじめ以下キャストが発表されている。
チーム蜀の諸葛亮孔明をムロツヨシ、関羽を橋本さとし、張飛を高橋努。チーム暴の黄巾を山田孝之、呂布を城田優、董卓を佐藤二朗。チーム呉の周瑜を賀来賢人、孫権を岡田健史、黄蓋を矢本悠馬、魯粛を半海一晃。チーム妻の黄夫人を橋本環奈、小喬を山本美月。錚々たる顔ぶれが発表されてきた。

今回発表されたのは、劉備の人柄に惚れ込み臣下となった武将・趙雲を演じるEXILE/三代目 J SOUL BROTHERSメンバーで、パフォーマーとしての活動のみならず、映画・ドラマなどの様々な作品で幅広い役柄をこなす、岩田剛典
岩田は、まだ乳飲み子であった劉備の息子を抱え、単騎で敵陣を突破するほどの闘志と誠実さを持ち合わせていた、という逸話が残る趙雲を演じ、福田雄一監督作品へは初出演となる。

さらに、三國志の中では絶世の美女で、歌舞に優れていたと知られている貂蝉を演じるのは、芸人の枠に留まらず、ダンス・演技・SNSなど様々なジャンルで幅広く活躍する渡辺直美

追加キャストコメント

岩田剛典(趙雲:ちょううん)
この度、福田監督作品に初参加させて頂きとても光栄に思います。
とにかく笑いの絶えない、楽しく刺激的な現場でした!
特に渡辺直美さんとのシーンでは笑いを堪えるのが大変すぎてみなさん、もはや堪えるのを諦めていました。僕が演じさせて頂いた新解釈な趙雲は「鼻につく自称イケメン将軍」ということで自分の中でも新しい世界だったのですが、変な汗をかきつつ色々なことをやっていたら、気付いたらオールアップしていました。公開を楽しみにしていてください!

趙雲-忠義の武者-

劉備の人柄に惚れ込み臣下となった武将。
まだ乳飲み子であった劉備の息子を抱え、単騎で敵陣を突破するほどの闘志と誠実さを持ち合わせていた。という人物として知られているが…。

渡辺直美(貂蝉:ちょうせん)
お話をいただいた時、何故か貂蝉と張飛を読み間違えて、台本の最初の数ページ、張飛のセリフ覚えてました。「うわ、屈強な男役どうしよう…」と震えてたら違いました(笑)
二人の男が絶世の美女を奪い合うんですが、まさかのその絶世の美女役でした(笑)
貂蝉のあるシーンで福田監督が、「ここのシーンはフリーでやっちゃっていいよ!」と言ってくださったんですが、中々カットが掛からず、テンパって後半意味不明な言動をした事を覚えています。
それを福田監督が笑いながらOKをした時に、何故か興奮しました(笑)
明るくて爆笑の現場、福田組にまた参加出来て嬉しかったです!

貂蝉-絶世の舞-

絶世の美女で、歌舞に優れている。
董卓と呂布を手玉に取り、見事に二人の仲を裂くことに成功。
可憐な容姿の中に秘めた強い意志と覚悟で乱世を生きた美女。という人物として知られているが…。

メイキング映像

画像: 映画『新解釈・三國志』メイキング映像第五弾【12月11日(金)公開】 youtu.be

映画『新解釈・三國志』メイキング映像第五弾【12月11日(金)公開】

youtu.be

映画『新解釈・三國志』

2020年12月11日(金)全国公開

■脚本・監督:福田雄一
■配給:東宝
Ⓒ2020「新解釈・三國志」製作委員会 
■公式HP:shinkaishaku-sangokushi.com
■公式Twitter:@new_sangokushi

関連記事

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.