開催延期となっていた特集上映企画「台湾巨匠傑作選2020」の新たな開催日が2020年9月19日(土)~11 月 13 日(金)に決定した。
画像: 開催延期されていた「台湾巨匠傑作選2020」の新開催日が9月19日(土)に決定
画像: 『バナナパラダイス』

『バナナパラダイス』

本企画では、本邦劇場初公開となる台湾映画界のレジェンド、巨匠ワン・トン監督の大作『バナナパラダイス』の他、エドワード・ヤン監督上映可能全作品、ツァイ・ミンリャン監督4部作をはじめ、幅広い盛沢山の名作ラインナップ全 33 作品を上映。

開催日が当初の予定の5か月後になったことで、一部作品の日本における上映権利切れの問題が発生したが、台湾と日本の関係各社の協力により、上映作品の変更は1作品のみ。

当初の 4 月開催時点では、日本最終上映としていた『GF*BF』のみ権利切れにより、ウェイ・ダーション監督作『52Hz のラヴソング』の上映に変更となる。

画像: 「血観音」 ©Atom Cinema, MandarinVision. All rights reserved.

「血観音」 ©Atom Cinema, MandarinVision. All rights reserved.

画像: 『停車』 甜蜜生活製作有限公司

『停車』 甜蜜生活製作有限公司

なお、4 月開催時点で予定していたトークイベントの開催については、現時点では未定とし、映画館でのトークが可能になった時点で公式サイト&SNS で告知される。

ただし、日本に台湾映画・文化を伝える傑作台湾映画の伝道師・江口洋子セレクトによる、貴重な未公開台湾映画特集枠(『停車』『盗命師』『古代ロボットの秘密』『血観音』『天龍一座がゆく』『河豚』の 6 作品を上映)の上映後解説トークについては実施される予定。

休業要請による約2か月弱の映画館の休館中には、コロナ禍の日本の映画館の窮状を知った『父の初七日』『天龍一座がゆく』の王育麟(ワン・ユーリン)監督と、『古代ロボットの秘密』の台湾権利元から、作品の無償提供をしたいとエールが届いた。王育麟監督からのメッセージは以下の通り。

「台湾映画およびアジア映画の日本での上映は、ミニシアターに支えられています。『父の初七日』『天龍一座がゆく』の 2 作品は、9 月に開催延期が決定した「台湾巨匠傑作選 2020」での上映がもともと決まっていましたが、今般の日本各地のミニシアターが置かれた状況を知り、私達も同特集上映の大阪、神戸、京都、名古屋での開催に向けて、2 作品の無償提供を決めました。これらの作品の入場料はすべて上映劇場に寄付いたします。ささやかではありますが、ミニシアターの助けになれば幸いです。皆さん、お体に気をつけて、引き続き頑張ってください!」

・『父の初七日』『天龍一座がゆく』(王育麟監督より無償提供)
・『古代ロボットの秘密』(偶動漫娛樂股份有限公司/霹靂國際多媒體股份有限公司より無償提供)

世界に先駆けいち早くコロナウイルス感染拡大封じ込めに成功した台湾。観光で訪れることが出来ない今、スクリーンをとおして33作品それぞれの台湾がたっぷりと堪能できる。

台湾巨匠傑作選2020
2020年9 月 19 日(土)~11 月 13 日(金)新宿 K's cinemaにて開催
配給:オリオフィルムズ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.