梅雨が明けると本格的な夏がやって来ます。だけど、今年はいつもより解放感はちょっぴり控えめ。そこで、夏が似合う男優たちと一緒に夏気分を味わいませんか。前編に引き続き、青い海と降り注ぐ太陽に負けないきらめきを放つ映画の“夏オトコ”たちをお届けします!SCREEN7月号で募集した“夏を感じる映画”に選ばれた作品もあわせてお楽しみください。(文・熊谷真由子/デジタル編集・スクリーン編集部)

前編はこちら!

たくましい腕と分厚い胸板で魅了!
ワイルドでアッチい夏オトコ

「アクアマン」(2018)

読者選出ランクイン!!

画像1: 「アクアマン」(2018)

監督:ジェームズ・ワン
出演:ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ウィレム・デフォー

海のスーパーヒーローと言えばアクアマン=ジェイソン・モモア!野性味あふれる筋骨隆々のボディに、ワイルドなロン毛&ヒゲ、そして漢気しか感じない内面。何よりも強い!海の生物たちを随えて闘う姿はまさに王者の風格。広く深い海を縦横無尽に動き回る姿は優雅かつ躍動感たっぷり。水陸両方でカッコイイです。

画像2: 「アクアマン」(2018)
画像1: 映画の中も素顔もまぶしい…!夏が似合うオトコたち【後編】

夏といえば海!モモアの肉体美を見ようと思います(女性・20)

画像2: 映画の中も素顔もまぶしい…!夏が似合うオトコたち【後編】

視覚的に涼しくなれるから(女性・22)

「野蛮なやつら/ SAVAGES」(2012)

画像: 「野蛮なやつら/ SAVAGES」(2012)

監督:オリバー・ストーン
出演:テイラー・キッチュ、アーロン・テイラー・ジョンソン、ブレイク・ライヴリー

カリフォルニア・ラグナビーチで大麻栽培をビジネスにするチョン(テイラー・キッチュ)とベン(アーロン・テイラー・ジョンソン)の共通の恋人がメキシコの巨大麻薬カルテルに誘拐されてしまう。彼らはたったふたりで派手な戦争を仕掛けていくのだが、彼女奪還に懸けるイケメンたちのアツさにキュン。こんな三角関係も面白い。

「ワイルド・スピード」シリーズ(2001〜)

画像: 「ワイルド・スピード MEGA MAX」(2011)

「ワイルド・スピード MEGA MAX」(2011)

監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター

結束が固く仲間想いで正義感が強い“漢”たち、それが「ワイスピ」ファミリー。ドム(ヴィン・ディーゼル)&ブライアン(ポール・ウォーカー)の両雄、ローマン(タイリース・ギブソン)&テズ(クリス“リュダクリス”ブリッジズ)のムードメーカーコンビ。彼らが集まるとわっ

「ジュラシック・ワールド」(2015)

画像: 「ジュラシック・ワールド」(2015)

監督:コリン・トレヴォロウ
出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ヴィンセント・ドノフリオ

「ジュラシック・ワールド」で恐竜の監視員をしているオーウェン(クリス・プラット)はヴェロキラプトルを手なずけたり、ピンチの時に救ってくれたり、ちょっぴり無謀だけど剛勇で頼れる愛されキャラ。むっちりボディにぴったりTシャツを着てバイクを転がすようなワイルドさやどことなくお茶目な魅力は演じるクリプラのチャーミングさゆえ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.