ニンジャ650、Z650と同じルーツを持つパラレルツインユニットを採用するミドルスポーツクルーザーがバルカンS。軽量でスリムな車体を活かした走りと独特のパルス感はこのバイクならではの魅力。今回は2020年モデルに改めて試乗してみたぞ!

カワサキ「バルカンS」カラーバリエーション

2020年モデルは「メタリックマットミステリアスグレー(GY1)」1色の設定。

メタリックマットミステリアスグレー(GY1)

カワサキ「バルカンS」ライディングポジション・足つき性

シート高:705mm
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

画像: カワサキ「バルカンS」ライディングポジション・足つき性

手前に引かれたハンドルと前過ぎないフォワードステップで、クルージング中の快適性とコーナーでの操作性のバランスを取っている。

足着き性は抜群に良好で、乗り降りも楽。身長150㎝台のライダーでも安心して扱えるだろう。

カワサキ「バルカンS」タンデム(2人乗り)チェック

パッセンジャー:木川田ステラ(163cm)

画像: カワサキ「バルカンS」タンデム(2人乗り)チェック

シートの座り心地はやや硬めですが、4000回転あたりからの振動が心地よく、スポーティーなペースでもタンデムを楽しめました。

踏ん張る事も、リラックスする事もできるステップ位置で、深めのニーグリップができ、ライダーの動きが分かりやすいし、距離が近い分、ライダーに捕まりやすく、安定感もしっかり得る事ができるので、体のホールドには不自由はありません。低回転域のパルスにはアメリカンらしさを感じますね。

カワサキ「バルカンS」各部装備・ディテール解説

画像: 非常に印象的なマスク。クルーザーのジャンルにとらわれない、異形デザインのヘッドライトがカワサキらしい個性を強調している。

非常に印象的なマスク。クルーザーのジャンルにとらわれない、異形デザインのヘッドライトがカワサキらしい個性を強調している。

画像: Z650やニンジャ650と同系統のDOHCパラレルツイン。クルーザー向けの設定ではあるが、高回転域で見せる伸びやかな表情が魅力。

Z650やニンジャ650と同系統のDOHCパラレルツイン。クルーザー向けの設定ではあるが、高回転域で見せる伸びやかな表情が魅力。

画像: エンジン下に配置されるコンパクトなサイレンサーが特徴。歯切れのいいパルス感とツインらしいサウンドを楽しめる。

エンジン下に配置されるコンパクトなサイレンサーが特徴。歯切れのいいパルス感とツインらしいサウンドを楽しめる。

画像: 切削仕上げの上品な18インチホイールを採用。ブレーキは300㎜径ローターをおごり、このクラスとしては強力な制動力を確保。

切削仕上げの上品な18インチホイールを採用。ブレーキは300㎜径ローターをおごり、このクラスとしては強力な制動力を確保。

画像: Z650などと同様に、リアショックは車体右側にオフセットマウント。スイングアームのピボット部下に見えるのは排気チャンバー。

Z650などと同様に、リアショックは車体右側にオフセットマウント。スイングアームのピボット部下に見えるのは排気チャンバー。

画像: ティアドロップ形状のタンクは容量14L。上面は所有感を高め、オーナーを飽きさせないウェーブ風の形状となっている。

ティアドロップ形状のタンクは容量14L。上面は所有感を高め、オーナーを飽きさせないウェーブ風の形状となっている。

画像: シートは前後分活式で、着座感に優れホールド性が高いライダーシートとコンパクトな座面のパッセージシートの組み合わせ。

シートは前後分活式で、着座感に優れホールド性が高いライダーシートとコンパクトな座面のパッセージシートの組み合わせ。

画像: リアフェンダーに沿わせるように配置されたテールランプはLED式。ウインカーはクリアレンズ採用のオーソドックス電球式。

リアフェンダーに沿わせるように配置されたテールランプはLED式。ウインカーはクリアレンズ採用のオーソドックス電球式。

画像: アナログ式タコメーターと多機能表示の液晶デジタルモニターのコンビネーション。便利なギアポジションインジケーターも装備。

アナログ式タコメーターと多機能表示の液晶デジタルモニターのコンビネーション。便利なギアポジションインジケーターも装備。

文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.