2020年7月31日、マクラーレン オートモーティブ アジアは、千葉市の幕張メッセで開催中のオートモビル カウンシル 2020において、公道走行に完全適合してレース仕様以上のパフォーマンスを発揮する「マクラーレン 620R」を日本初公開した。(タイトル写真はマクラーレン オートモーティブ アジアの正本代表)

GTレースで活躍する570S GT4のロードバージョン

画像: 標準のボディカラーは、マクラーレン オレンジ、シリカ ホワイト、オニキス ブラックの3色を設定している。

標準のボディカラーは、マクラーレン オレンジ、シリカ ホワイト、オニキス ブラックの3色を設定している。

マクラーレン 620Rは、当Webサイトでも何回か紹介しているが、レース用モデルの570S GT4をベースに公道走行を可能にしたモデルだ。570S GT4は、世界中のGTレースで今までに67回の優勝と88回のポディウム(表彰台)入賞を獲得し、25ものレーシングチームが採用している。

620Rは、そんな570S GT4をベースに保安基準を満たしてナンバープレートを取得し、公道走行を可能にしたロードバージョンだ。570S GT4同様のエアロパーツを装着しながら、公道における歩行者保護のため、フロントまわりやボンネット形状などは微妙に変更されている。マニュアルで3段階に調整可能なリアウイングも、ハイマウントストップランプを内蔵し、翼端は歩行者保護のため形状を変更している。

だが、レースのレギュレーション制約から解放されたため、パワーユニットのV8ツインターボは570S GT4よりもパワーアップされている。3.8Lの排気量は同じだが、最高出力は車名のとおり620ps(570S GT4も車名のとおり570ps)に、最大トルクは620Nm(570S GT4は600Nm)になり、高速シフトが可能な7速DCTを介して、最高速度は322km/h、0→100km/h加速は2.9秒、0→200km/h加速は8.1秒というパフォーマンスを発揮する。

画像: マクラーレン車のアイデンティティであるディヘドラル式ドアをもちろん採用している。

マクラーレン車のアイデンティティであるディヘドラル式ドアをもちろん採用している。

モータースポーツ由来のため、サーキット走行に不要なフロアカーペットやグローブボックスは備わっていない。エアコンやカーナビ、オーディオは標準では装備されないが、追加費用なしで装着できる。その代わり、マクラーレン セナのものと同タイプの軽量カーボンファイバー製バケットシートや6点式フルハーネスが装着されている。

マクラーレンのアイデンティティともいえるカーボンファイバー製の「モノセルII」シャシ、32段階に減衰力をコントロールできるダンパー、センターロックの鍛造ホイール、ピレリPゼロのセミスリックタイヤなどを標準装備。日本でもナンバープレートが取得可能だから、ストックの状態で公道を走ってサーキットに行き、そこでオプションのフルスリックタイヤに履き替えれば、そのままサーキット走行が楽しめる。

まさに「公道も走れるレーシングカー」マクラーレン 620Rは世界限定350台。気になる日本割り当て分は、残念ながらすでに完売しているという。

画像: ボディから32cmも上に装着されたリアウイングにはハイマウントストップランプも内蔵している。

ボディから32cmも上に装着されたリアウイングにはハイマウントストップランプも内蔵している。

マクラーレン 620R 主要諸元

●全長×全幅×全高:4557×1945×1195mm
●ホイールベース:2670mm
●乾燥重量:1282kg
●エンジン種類:90度V8 DOHCツインターボ
●排気量:3799cc
●最高出力:620ps/7000rpm
●最大トルク:620Nm/3500rpm
●駆動方式:縦置きミッドシップRWD
●トランスミッション:7速DCT
●タイヤサイズ:前225/35R19、後285/35R20
●車両価格:3750万円から

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.