2020年7月31日、マツダは千葉市の幕張メッセで開催中の「オートモビルカウンシル 2020」の会場で、コンパクトSUVの「MX-30(エムエックス サーティー)」を2020年秋に日本国内に導入すると発表した。

フルEVだけでなくマイルドハイブリッドも追加

画像: 2019年の東京モーターショーでワールドプレミアされたときのMX-30。

2019年の東京モーターショーでワールドプレミアされたときのMX-30。

MX-30は、2019年の東京モーターショーでワールドプレミアされた、マツダ初の量産フルEV(電気自動車)だ。東京モーターショーで発表されたときはフルEVのみだったが、今回の発表では新たにマイルドハイブリッドモデルも追加された。

このマイルドハイブリッドモデルは、直噴ガソリンエンジンの「SKYACTIVーG 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID(エム ハイブリッド)」を組み合わせた「e-SKYACTIV G(イー スカイアクティブ ジー)」を搭載する。このシステムは、マツダの技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“ZoomーZoom”宣言2030」にもとづき、地域ごとに最適な動力源を適用するマルチソリューション戦略の一環として生まれたものだ。

直噴ガソリンエンジンの静かでスムーズな発進と上質なドライブフィールに加えて、モーターがエンジンをアシストして優れた燃費性能も実現する。なお、EVモデルは、2020年度中にリース販売を開始する予定だ。

画像: 開放感のある室内空間には自然由来のインテリア素材も採用している。

開放感のある室内空間には自然由来のインテリア素材も採用している。

MX-30は、いわゆるクーペSUV風のスタイルで、クルマの常識にとらわれることなく、新しい価値の創造に挑戦した、人とクルマの新しい関係を提案するクルマだという。開放感のあるインテリアはシンプルで機能的で、自然由来のコルクや環境に配慮した素材を使用している。左右のドアは、21世紀初頭のスポーツカー「RX-8」に採用されていたセンターピラーレスの観音開きドア「フリースタイルドア」を採用している。

マイルドハイブリッドモデルのスペックや車両価格などは発表されていない。続報が入り次第、当Webサイトでも紹介していく予定だが、SUVのマーケットにまた魅力的な1台が加わるということは間違いない。

画像: 4ドアスポーツカーのRX-8を彷彿とさせるフリースタイルドアもユニークだ。

4ドアスポーツカーのRX-8を彷彿とさせるフリースタイルドアもユニークだ。

マツダ MX-30 主要諸元(欧州仕様のEVモデル)

●全長×全幅×全高:4395×1795×1570mm
●ホイールベース:2655mm
●パワートレーン:e-SKYACTIV
●駆動用バッテリー:リチウムイオン電池/セル角型
●総電圧:355V
●総電力量(バッテリー容量):35.5kWh
●充電:DC充電・COMBO規格
●AC充電:最大入力6.6kW
●タイヤ:215/55R18
※数値は暫定値

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.