ソニーは次世代の高速メモリーカードのCFexpressType Aカード2種を2020年10月9日より発売する。価格はオープンで実売は160GBが4万6000円前後、80GBが2万4000円前後。

ソニーが新たに発売するCFexpress Type Aカード、CEA-G160TとCEA-G80Tは、CEA-G160Tが容量160GB、CEA-G80Tが80GBの2種類。このCFexpress Type Aカードは新型α7S IIIで使用可能だ。SDカード相当のコンパクトな設計で、最大読み出しが800MB/s、最大書き込み速度が700MB/sと高速なリードライトを可能にしている。また、強度150ニュートン(約15kgf)、強度7.5メートル、防塵防水IP57のTOUGH仕様となっている。

メモリーの状態診断ソフト「Media Scan Utility」(専用リーダーMRW-G2が必要)とデータ復旧ソフト「Memory Card File Rescue」が無償でダウンロードできる。

CEA-G80T

またCFexpressType AとSDメモリーカードに対応したカードリーダーMRW-G2も10月9日に発売となる。CFexpressType AとSDメモリーカードに対応し、USB 3.2 Gen 2対応でCFexpressType A、UHS-Ⅱ SDのスピードを発揮する。USB-C to USB-C、USB-C to USB-Aのケーブル2本が付属する。価格はオープンで実売1万5000円前後。

MRW-G2

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.