パナソニック「LUMIX DC-G100」のオンラインセミナーが7月28日(火)11:00から40分間、報道関係者に向けて開催された。このセミナーはVlogger(ブイロガー)に向けた新製品「LUMIX G100」の商品解説、その活用法を同時配信動画などを駆使してオンラインで紹介、質疑応答するという試みだ。同セミナーのプレゼンテーターはパナソニック株式会社コンシューマーマーケティング ジャパン本部、亀井創太氏(写真上)が務めた。

ちなみにVlogger(ブイロガー)って何ですか?

「Vlog」とは【Video+Blog】の造語でブログの動画版を示す。料理、旅行、ファッション、ペットなど様々な自分の日常を動画で撮り、SNSなどで情報発信、共有している人たちを「Vlogger」と呼ぶ。

画像1: ちなみにVlogger(ブイロガー)って何ですか?

▲自撮りを実演中の亀井創太さん。そのボディの小ささが分かるだろうか。右手で握っているトライポッドグリップ(DMW-SHGR1)は動画撮影ボタン、写真撮影ボタン、スリープボタンを備え、使い勝手に優れる。

画像2: ちなみにVlogger(ブイロガー)って何ですか?

▲料理を撮影中。G100は「5軸ハイブリッド手ブレ補正」機構を採用しているので、旅先の街中の歩き撮りなど手持ちで高画質の動画を撮影できる。

画像3: ちなみにVlogger(ブイロガー)って何ですか?

▲料理を撮影中。G100は「5軸ハイブリッド手ブレ補正」機構を採用しているので、旅先の街中の歩き撮りなど手持ちで高画質の動画を撮影できる。

LUMIX DC-G100とは?

LUMIX DC-G100は小型・軽量ボディで、スマートフォンよりもハイクオリティな撮影(写真・動画)、録音をしたいVloggerをターゲットに開発されたマイクロフォーサーズのミラレースカメラ。Gシリーズとしては初の3桁となり、従来の同社製品とのコンセプトの違いを感じさせる。もちろんLUMIX Gシリーズの豊富な交換レンズ群が使える。

画像1: LUMIX DC-G100とは?

▲こちらはトライポッドグリップ(DMW-SHGR1)と標準ズームレンズ(LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./を付属したVキット「DC-G100V」で市場想定価格は税別10万2000円前後。「DC-G100K」は標準ズームレンズ付きで、市場想定価格は税別9万7000円前後。

画像2: LUMIX DC-G100とは?

▲G100のトップ部の左端「Fn4」ボタンはスマートフォン転送ボタン。ワンタッチで「LUMIX Sync」(スマホAndroid、iOS対応のアプリ)と連携が可能となる。また、G100の縦位置で撮影した動画を「LUMIX Sync」に転送すると、スマートフォンで縦向き動画の再生が可能となる。

画像: ▲トライポッドグリップ(DMW-SHGR1)のみも購入可能で、市場想定価格(税別)は9800円前後。USB Micro-Bと接続し、電池が不要。現行LUMIX Gシリーズにもファームアップで対応する(※リモート端子で接続、スリープ機能は使用不可)。

▲トライポッドグリップ(DMW-SHGR1)のみも購入可能で、市場想定価格(税別)は9800円前後。USB Micro-Bと接続し、電池が不要。現行LUMIX Gシリーズにもファームアップで対応する(※リモート端子で接続、スリープ機能は使用不可)。

製品に関する情報はこちら

メーカーによる製品紹介はこちらから

G100の関連動画はこちら

画像: Introducing LUMIX G100 / G110 | Mirrorless camera for vloggers www.youtube.com

Introducing LUMIX G100 / G110 | Mirrorless camera for vloggers

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.