2020年7月27日、メルセデス・ベンツ日本は本格SUVであるGクラスに特別仕様車「マヌファクトゥーア エディション(manufaktur Edition)」を設定。ベース車にG350とメルセデスAMG G63の2モデルを用意して発売を開始した。

タイトル写真:手前がメルセデスAMG G63 マヌファクトゥーアエディション。奥がG350d マヌファクトゥーアエディション(ボディカラーはダイヤモンドホワイト)。

強いコントラストを作る黒がアクセントカラー

メルセデス・ベンツ Gクラスは1979年に本格クロスカントリーモデルとして登場し、以来パワートレーンや装備などを改良しながらラインアップし続けている。2018年6月に敢えてフルモデルチェンジと言わない大幅改良を行ったが、堅牢で直線的なスタイリングをほぼそのままに、インテリアデザインやシステム面を刷新し、さらにオン/オフロードの走行性能と安全性を高めている。

そこのGクラスの特別仕様車「マヌファクトゥーアエディション」が発売された。G350dとメルセデスAMG G63に設定されて車両価格は1549万円〜2480万円となる。

ベースモデルのひとつであるG350dは2019年4月に追加されたディーゼルエンジン搭載モデルで、286ps/600Nmを発生する3L 直6ディーゼルターボを搭載。可変タービンジオメトリーを採用した比較的小さなタービンにより、1200〜3200rpmという低回転域で最大トルクを発生する。

このG350d マヌファクトゥーアエディションには、ボディ下部をぐるりと1周するように前後バンパーやフェンダーなどをブラックに塗装されている。さらにルーフトップや前後エンブレム(スリーポインテッドスター)、20インチアルミホイールにもアクセントとして黒を配されて、特別設定のボディカラー「ダイヤモンドホワイト」と強いコントラストを見せる。ボディカラーはこのほかにソリッドのジュピターレッド(有償)も用意される。

インテリアのナッパレザーシートには、蒸れを防ぐシートベンチレーターとリラクゼーション機能を前席に採用。さらに快適性を向上させる装備として、電子制御によりダンパーを連続可変させるアダプティブダンピングシステムを採用するなど、特別装備を充実させている。

画像: メルセデス・ベンツ G350d マヌファクトゥーアエディションには、写真のジュピターレッド(ソリッド・有償)のほかに、ダイヤモンドホワイトも設定される。

メルセデス・ベンツ G350d マヌファクトゥーアエディションには、写真のジュピターレッド(ソリッド・有償)のほかに、ダイヤモンドホワイトも設定される。

もうひとつのメルセデスAMG G63は、585ps/850Nmを発生するガソリン仕様の4L V8ツインターボを搭載する最上級グレード。シリーンダーバンク内にふたつのタービンを配置することで、アクセルレスポンスの向上を図られている。快適性とスポーツ性を両立させる「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」を標準採用するモデルでもある。

メルセデスAMG G63 マヌファクトゥーアエディションにはG350特別仕様車と同様に黒のパーツを与えられるが、こちらは部分的でサイドミラー、サイドストリップなどのアクセントカラーという印象。大きな特徴はマットペイントのボディカラー「マグノダークオリーブグリーン」で、カタログモデルには設定されていない特別色だ。マットブラックに塗装された22インチ鍛造ホイールも眼を惹く。

インテリアには、チタニウムグレーとブラックによるツートーンカラーのナッパレザーシートをはじめ、ハンドルやインパネトリムなどいたる部分にナッパレザーを採用してラグジュアリーな空間を演出する仕様となっている。

画像: メルセデスAMG G63 マヌファクトゥーアエディションのインテリアには、インパネやシート、ハンドルなどナッパレザーがいたるところに採用されている。

メルセデスAMG G63 マヌファクトゥーアエディションのインテリアには、インパネやシート、ハンドルなどナッパレザーがいたるところに採用されている。

メルセデス・ベンツ Gクラス マヌファクトゥーアエディション

G350d マヌファクトゥーアエディション(右ハンドル):1549万円
メルセデスAMG G63 マヌファクトゥーアエディション(左ハンドル):2480万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.