いま125ccの原付二種モデルが大人気! 誰にでも扱いやすくコンパクトで、維持費や保険もリーズナブル、二段階右折や車検も不要で、クルマと同じ法定速度で乗れる。そんな、最高の相棒になってくれる2020年の最新125モデルを日替わりでご紹介!

AJP「PR3 ENDURO 125」

画像: AJP「PR3 ENDURO 125」

全長×全幅×全高: -×-×-mm
ホイールベース:1320mm
シート高:840mm
車両重量:105kg
車両価格:54万650円

コンパクトで扱いやすいオフロードモデル・PR3シリーズの中でも、価格設定が最も低く抑えられたスタンダードモデル的存在がエンデューロ125。

とはいえ倒立フォークをはじめとするサスペンションや軽量ハブと大径フロントディスクブレーキなど充実した足回りや、フレームやエンジンなどの基本的なメカニズムは上級モデルと同じものが与えられていて、優れた走りももちろんそのまま。

<SPECIFICATION>

①空冷4ストOHC2バルブ単気筒②125cc③56.5×49.5mm④-⑤12.6HP/8500rpm⑥0.86kgm/8000rpm⑦キャブレター ⑧7L ⑨-⑩- ⑪5速リターン ⑫ディスク・ディスク ⑬70/100-19・90/100-16

<カラーバリエーション>

ホワイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.