2020年7月24日、2020年F1シーズンの新しいカレンダーが追加発表された。イタリア・モンツァで連続開催され、その後、ロシア・ソチ、ドイツ・ニュルブルクリンク、ポルトガル・アルガルベ、イタリア・イモラを転戦する。2020年シーズンはもう数戦をプラスした15〜18レースの開催を予定しており、チャンピオンシップは中東でクライマックスを迎えることになるとみられる。

第9戦以降も欧州を転戦、カナダ、アメリカ、メキシコ、ブラジルは断念

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、2020年のF1はスケジュールを大幅に変更して開催されているが、開幕から8戦のカレンダーに続き、第9戦以降の日程が明らかになってきた。

それによると、第9戦は第8戦 に続いて連戦の形でイタリア・ムジェロで開催。第9戦はトスカーナGPの名称で9月11日〜13日の日程で行われる。その後、中1週おいて第10戦は 9月25日〜27日から ロシア・ソチ、第11戦はまた1週おいて10月9日〜11日にアイフェルGPの名称でドイツ・ニュルブルクリンクで開催される。

その後、グランプリはポルトガルに移動、10月23日〜25日に初開催となるアルガルベサーキットで第12戦ポルトガルGPが行われる。そして、ヨーロッパラウンドの最終戦となるのが、第13戦ロマーニャGP( 10月31日〜11月1日)。イタリアで今シーズン3度目の開催となるロマーニャGPの舞台はイモラサーキットだ。

スケジュールの詳細やレース運営についての詳細なアナウンスはまだないが、第13戦ロマーニャGPに関しては実験的に2日間開催とする予定だという。

なお、同時に12月にはグランプリは欧州を離れて中東での開催を目指していることも明らかになった。おそらく数戦が行われ、チャンピオンシップはここでクライマックスを迎えることになる。これにともない、カナダ、アメリカ、メキシコの北米ラウンド、ブラジル、中国、ベトナムなどのグランプリは2020年シーズンは開催されないことが決定した。

2020年F1グランプリの現時点のスケジュールは次のとおり。

■2020年F1グランプリ スケジュール(2020年7月24日発表)

第1戦 7月3日〜5日 オステルライヒGP(オーストリア) レッドブルリンク
第2戦 7月10日〜12日 シュタイアマルクGP レッドブルリンク
第3戦 7月17日〜19日 ハンガリーGP ハンガロリンク
第4戦 7月31日〜8月2日 イギリスGP シルバーストン
第5戦 8月7日〜9日 70周年記念GP シルバーストン
第6戦 8月14日〜16日 スペインGP バルセロナ
第7戦 8月28日〜30日 ベルギーGP スパ・フランコルシャン
第8戦 9月4日〜6日 イタリアGP モンツァ
第9戦 9月11日〜13日 トスカーナGP イタリア・ムジェロ
第10戦 9月25日〜27日 ロシアGP ソチ
第11戦 10月9日〜11日 アイフェルGP ドイツ・ニュルブルクリンク
第12戦 10月23日〜25日 ポルトガルGPアルガルベ
第13戦 10月31日〜11月1日 ロマーニャGP イタリア・イモラ

画像: ポルトガル・アルガルベサーキット。F1開催は初めてとなる。

ポルトガル・アルガルベサーキット。F1開催は初めてとなる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.