ウー・ジンやチャン・ツィイーら豪華キャストが出演する中国初の山岳アクション・アドベンチャー超大作『クライマーズ』が2020年9月25日(金)より全国順次公開されることが決定した。あわせて特報映像も解禁された。
画像: 「クライマーズ」日本語字幕版特報 www.youtube.com

「クライマーズ」日本語字幕版特報

www.youtube.com

実際にチョモランマの高地で撮影された壮大なロケーション

本作は、中国の登山隊が初めてチョモランマ(エベレスト)登頂に成功した1960年と、その事実が西欧諸国に認められないまま15年の不遇な歳月を過ごし、1975年に二度目の登頂に挑んだチームの実話をベースに、チョモランマ登頂に人生を賭けた男たちの苦難と葛藤、そしてその中で紡がれていく壮大な愛の物語。

中国の一大ビックプロジェクトとして始まった本作のプロデューサーは、『男たちの挽歌』(86)シリーズなどのヒットメーカーである“香港のスピルバーク”ツイ・ハーク。監督は『三国志』(08)、『ドラゴン・ブレイド』(14)のダニエル・リーが務めている。

1960年、ファン・ウージョウ(ウー・ジン)率いるたった3人の中国登山隊は、世界で初めて無謀ともいわれた北稜からのチョモランマ登頂に成功する。しかし、途中、仲間のソンリン(チャン・イー)が雪崩による滑落の危機にあい、ファンはカメラより彼の命を救うことを選択。映像という証拠を失った彼らの偉業は、国際的に認められることはなかった…。

15年後、身をやつしボイラー室で働いていたファンに朗報が入る。冬の時代を明けた中国が、チョモランマに再挑戦するというのだ。ファン隊長は、婚約者である気象学者イン(チャン・ツィイー)や、ソンリンとともに、第二次登山隊を結成。カメラマンのリー・グオリャン(ジン・ボーラン)、測量士のヤン・グアン(フー・ゴー/ジャッキー・チェン)、サポートスタッフのヘイムーダン(チュイニーツーレン)たち新しい仲間も加わり、愛と名誉をかけチョモランマ登頂に再び挑む!

主演は、『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』(17)で監督・主演を務めアジア歴代興行収入1位の大ヒット記録を持つ“中国のスタローン”ウー・ジン。ヒロインには『グリーン・デスティニー』(00)など名実共にアジアのトップ女優であり続けるチャン・ツィイー、期待の若手『モンスター・ハント』のジン・ボーラン、と「仙剑奇侠传」シリーズのフー・ゴー、そして昔と今を繋ぐ重要なクライマーとしてジャッキー・チェンが脇を固める。

実際にチョモランマの高地で撮影された壮大なロケーション、そしてハリウッドをも凌ぐド迫力のスリリングなアクションとVFXに注目だ。

クライマーズ
2020年9月25日(金) 新宿シネマカリテほかにて全国順次公開
配給:AMGエンタテインメント
©2019 SHANGHAI FILM GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.