ジョニー・デップ主演で贈るキノフィルムズ配給作品『グッバイ、リチャード!』が2020年8⽉21⽇(⾦)よりヒューマントラストシネマ渋⾕ほか全国で公開。この度、本作の冒頭映像が解禁となる。

ジョニー・デップが映画開始30秒で余命を告げられる!?

「余命180⽇です」。⼤学教授・リチャードに告げられた突然の余命宣告。博学でエレガント、真⾯⽬な夫として美しい妻と素直な娘との何不⾃由ない暮らしを送っていたはずの⼈⽣は⼀変。リチャードは残りの⼈⽣を⾃分のために謳歌しようと決⼼し、やりたい放題の⽣活を始めるが…。

画像1: ジョニー・デップが映画開始30秒で余命を告げられる!?

この度解禁となったのは、ジョニー・デップ演じる⼤学教授のリチャードが病院で余命宣告を受ける冒頭シーン。「正直かなり悪いですリチャードさん」淡々と診断を⾔い渡す医師の声に神妙な⾯持ちで⽿を傾けるリチャード。「⼤学に知らせてください。奥さんのヴェロニカと娘さんにも」すぐに治療を始めるよう勧める医師に残された時間を尋ねるリチャードだったが医師の⼝から出た答えは「半年でしょう」という予想外のものだった。治療をしなければ余命は180⽇という思いもよらない宣告に⾔葉を失うも冷静なリチャードに⾒えたが駐⾞場に⽌めた⾞に戻り、ドアを閉めた途端「クソッ!」と初めて⼼の声が漏れる。順⾵満帆な⼈⽣を送っていたリチャードの⽣活は⼀変、突然訪れた⼈⽣の終わりに彼はどう向き合うのか?

画像2: ジョニー・デップが映画開始30秒で余命を告げられる!?

主演を務めたジョニー・デップは「映画が始まって30秒でリチャードが余儀なくさよならを⾔わなければならないことを知る。彼は⾃分の残り僅かな時間しか残されていないことを知り、そこから⾃分の魂にとって何が⼤事かを探る時間がとても美しい」と本作の主題について語る。余命宣告という⼈⽣最⼤ともいえる想定外のサプライズに驚き、⼾惑いながらも残された⼈⽣をありのままの⽣き⽅で過ごそうと決⼼するリチャードのきっかけとなる冒頭映像となっている。

画像: 『グッバイ、リチャード!』冒頭映像 youtu.be

『グッバイ、リチャード!』冒頭映像

youtu.be

「グッバイ、リチャード!」
出演:ジョニー・デップ、ローズマリー・デウィット、ダニー・ヒューストン、ゾーイ・ドゥイッチ
ロン・リビングストン、オデッサ・ヤング
監督/脚本:ウェイン・ロバーツ
2018年/アメリカ/英語/カラー/FLAT/5.1ch/91分

©2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.