ルックス的にも魅力をかつハードルは低めで

発売から1年以上が経ち、街中でも見かける機会が増えたニューKATANA。各アフターパーツメーカーからのパーツ群も次々と現れつつあるが、市場での好みははっきり分かれている。

「当店のお客さんに聞いてみたら10人中10人とも“要らないかなあ”という反応をされたんです。だったらちょっと手を入れて、“このくらいの形と仕様にして魅力を引き出して、しかも手が届く程度というカスタム車を作ってみたら、ほしくなる人もいるのでは?”というところを目指したのが、この車両なんです」

こう教えてくれるのは、北海道は札幌、バイクプラザ・メカドックの畑中メカだ。同店は長年さまざまなカスタムを手がけてきたが、中でも“ベコ”GSX750Eや油冷、カタナなどのスズキ車の経験も豊富。その経験も生かしつつ、先述のような提案を込めて作業は進んでいった。

画像1: ルックス的にも魅力をかつハードルは低めで

まず目を引くのは全体のカラーだ。かつての空冷カタナのうち、赤×銀のツートンカラーを持った’84年型GSX1100SEを彷彿させる処理がされる。これはペイントではなく、ラッピングとシート表皮張り替えで処理されている。全体的になじみが良く見えるが、ここにひと工夫あった。シート前とサイドカバーの間に収まる、コの字型カバー。そしてテール左右のカバー。ここをマットブラックでラッピング処理したというのだ。

「どっちも純正でも黒なんですが、それだと少し光沢が強くて、全体のバランスが良くないなと思ったんです。それでそこを抑えてみようと思いました」(畑中さん)。ほかにもウインカーをラジエーターサイドからヘッドライト下のポジションランプ位置に内蔵し、リヤはフェンダーレス化。

またハンドルも極力低くするべくケイファクトリー製トップブリッジを使い、その上でミラーもナポレオンAZと、ナポレオン直角アダプターによって位置をぐっと下げて車体との一体感を図るように工夫を重ねた。

画像2: ルックス的にも魅力をかつハードルは低めで

結果、「現状で付けたいものがない」というスクリーンはノーマルから換えないままに低く構えるスタイルを実現、排気系も同じ札幌のジンワークスでサイレンサーを製作した。

「この形を見せると、お客さんも“いいね”って言ってくれるようになりました。可能性は広がったということですよね」と畑中さん。この見本によって同店には製作オーダーが入ったという。カラーは青×銀。完成の暁には2台揃えて見てみたい。すると、ニューKATANAの次の可能性も見えてくる感もある。

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

Detailed Description 詳細説明

画像: フロントカウルやタンクカバーの上側、赤い部分はカラーフィルムを貼るラッピング処理でカラーリング。ピンストライプも入る。

フロントカウルやタンクカバーの上側、赤い部分はカラーフィルムを貼るラッピング処理でカラーリング。ピンストライプも入る。

画像: 純正のアップから、低く構えるようなスタイルを作るべく、トップブリッジはハンドルが車体前側に行くケイファクトリー製に換装した。

純正のアップから、低く構えるようなスタイルを作るべく、トップブリッジはハンドルが車体前側に行くケイファクトリー製に換装した。

画像: ハンドルバーはアクティブで、フロントのラジアルマスターシリンダーとこれに合わせた形状のクラッチホルダーはゲイルスピードだ。

ハンドルバーはアクティブで、フロントのラジアルマスターシリンダーとこれに合わせた形状のクラッチホルダーはゲイルスピードだ。

画像: ハンドルに合わせてミラーも低い位置に置いて全体のシャープ感を作るために、ナポレオンAZミラーを同じくナポレオンの直角ホルダーでミラー本体(レンズ部分)を車体前側に出して位置を工夫。角度変更も十分出来つつ、目指した位置に置けるようになった。

ハンドルに合わせてミラーも低い位置に置いて全体のシャープ感を作るために、ナポレオンAZミラーを同じくナポレオンの直角ホルダーでミラー本体(レンズ部分)を車体前側に出して位置を工夫。角度変更も十分出来つつ、目指した位置に置けるようになった。

画像: シートもボディカラーに合わせて赤×銀のツートンで表皮を張り替え。シート直前左右とテール左右のボディカバー(純正状態はツヤありブラックの着色樹脂)は、ともにマットブラックでラッピングし、車両全体にまとまり感と落ち着きを与えている。

シートもボディカラーに合わせて赤×銀のツートンで表皮を張り替え。シート直前左右とテール左右のボディカバー(純正状態はツヤありブラックの着色樹脂)は、ともにマットブラックでラッピングし、車両全体にまとまり感と落ち着きを与えている。

画像: 水冷直4のエンジンはKATANAノーマル。ラジエーターサイドの前ウインカーは廃して、ポジションライト部にその機能を移しているのだ。

水冷直4のエンジンはKATANAノーマル。ラジエーターサイドの前ウインカーは廃して、ポジションライト部にその機能を移しているのだ。

画像: アルミのツインスパータイプフレームや、アンダーガードもKATANAノーマル。エンジンサイドのスライダーはベビーフェイス製を装着した。

アルミのツインスパータイプフレームや、アンダーガードもKATANAノーマル。エンジンサイドのスライダーはベビーフェイス製を装着した。

画像: 倒立フォークや3.50-17/6.00-17サイズの前後ホイールなど足まわりもKATANAノーマルで、ここは手に入れたオーナーが発展を考える部分でもある。

倒立フォークや3.50-17/6.00-17サイズの前後ホイールなど足まわりもKATANAノーマルで、ここは手に入れたオーナーが発展を考える部分でもある。

画像: ノーマルの変則三角形から丸+スラッシュカットシェルとされたサイレンサーはジンワークス製チタン。フルエキの製作も進行中という。

ノーマルの変則三角形から丸+スラッシュカットシェルとされたサイレンサーはジンワークス製チタン。フルエキの製作も進行中という。

画像: NC削り出しで4ポジション設定のステップキットはベビーフェイスによるもので、テール部はフェンダーレス化も行っている。

NC削り出しで4ポジション設定のステップキットはベビーフェイスによるもので、テール部はフェンダーレス化も行っている。

取材協力:バイクプラザ・メカドック

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

画像: handl-mag.com
handl-mag.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.