オリジナルからのリンクも!新旧のミックス感がアツい!

オリジナルの世界観はそのままに新生キャストで描かれる「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル」。新旧ミックスのポイントで再び熱狂!

01.あのロケ地にキャストたちも大喜び!

画像: 第1話ではあの懐かしい体育館が登場

第1話ではあの懐かしい体育館が登場

HSMはユタ州にあるイースト高校(実在の学校を名前ごと使用)で撮影されたが、新作も同じ場所で撮影されている。ニニ役のオリヴィアは「ザックとヴァネッサがいた同じ場所で撮影できて夢みたい」と大興奮!

画像: ステージなども見覚えのある場所ばかり

ステージなども見覚えのある場所ばかり

02.思い出深いオリジナルの曲を現代アレンジでお届け

画像: 第1話のオーディションでは「始まりの予感」を

第1話のオーディションでは「始まりの予感」を

HSMのメインソング「みんなスター!」はもちろん、「始まりの予感」「自由をつかめ」といったオリジナルからの楽曲を、新作のキャストたちが全く新しいアレンジで披露。また違った魅力を持って心に響く名曲に感動♪

画像: ダンスが苦手なリッキーは劇場版を見ながら稽古

ダンスが苦手なリッキーは劇場版を見ながら稽古

03.ルーカス・グラビールが本人役で登場

画像: 派手なステージが魅力だったが今回は?(写真は「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」)

派手なステージが魅力だったが今回は?(写真は「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」)

ドラマシリーズの製作が発表された時、今のところオリジナルのキャストの出演予定はないと報じられ、ファンをガッカリさせたが、なんと第8話(7/31配信予定)にライアン役のルーカスが本人役で出演。どんな風に登場するのかお楽しみに!

04.フレッシュ感満載の新曲

画像: リッキーが歌う新曲は第1話から登場

リッキーが歌う新曲は第1話から登場

オリジナルの名曲に加え、新曲も次々と登場。ニニ役のオリヴィアとリッキー役のジョシュアは作曲にも参加。ジョシュアは「新シリーズの曲は全部に魅力や特別な要素があって、長く愛される曲になると思う」とコメント。

05.主役を取り巻く魅力的なキャラクター

画像: 演じたい役を自己申告するシーンも面白い

演じたい役を自己申告するシーンも面白い

EJのいとこアシュリン(ジュリア・レスター)は演劇部の顧問ジェン先生(ケイト・ラインダース)にダーバス先生役に最適と言われたり、男子のセブ(ジョー・セラフィニ)がシャーペイ役を希望したり、とてもユニーク。

画像: ジェン先生と振付のカルロス(フランキー・ロドリゲス)も強烈

ジェン先生と振付のカルロス(フランキー・ロドリゲス)も強烈

06.リアリティショー風のカメラワーク

画像: カメラに向かっての場面に本音が隠れていることも

カメラに向かっての場面に本音が隠れていることも

登場人物がカメラに向かって話したり、手持ちカメラが揺れたりとリアリティショー風。リッキーの親友のビッグ・レッド(ラリー・サパースタイン)が演劇部をシュールだと感じたり、ニニには母親が二人いたりと現代的だ。

「特別編」のドキュメンタリーにはオリジナルのメイキングも!

思わず口ずさんでしまう楽曲だから歌詞字幕が嬉しい!

若かりしザックの自撮りなど懐かしい映像もたっぷり

「特別編」は、撮影に臨む新キャストたちがHSMへの憧れや敬意を語ったり、オリジナルのアシュリー・ティスデールやルーカス・グラビール、コービン・ブルーが登場したりと、HSMファンにはたまらない舞台裏エピソードが満載。

昨年、米国で開催されたイベント「D23EXPO」での新キャストの圧巻のライブパフォーマンスも収録されている。「みんなで歌おう」は、ドラマの歌唱シーンになると歌詞字幕が付き、映像に合わせて歌えるバージョンだ。

12年ぶりに集結!新旧共演パフォーマンス

画像: ヴァネッサを始めとする懐かしい顔ぶれが勢揃い

ヴァネッサを始めとする懐かしい顔ぶれが勢揃い

2020年4月16日に全米で放映された、大勢のアーティストが自宅からディズニーソングを披露した特別番組「The Disney Family Singalong」。HSMシリーズのケニー・オルテガ監督の呼びかけのもと、新旧キャストが大集結して「みんなスター!」を歌って踊った(残念ながらザック・エフロンはコメントのみの参加)。この傑作パフォーマンスは、ディズニープラスで配信中の「みんなで歌おう!ディズニーソングパート1」で見ることができる。

ザックのコメントも収録。新旧の歌声をじっくりと

全作品ディズニープラスで配信中© 2020 Disney

\はじめてなら初月無料でお試し!/⟱ご加入はこちら⟱

ディズニーデラックス

こちらもおすすめ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.