「スター・ウォーズ」シリーズの劇場公開作は全部追いかけているけどドラマまでは……という方。これを観ないなんてもったいない!スター・ウォーズ好きなら絶対に見逃せない「マンダロリアン」シリーズ1、全8話のストーリー&見どころを徹底解説。SWとの繋がりも教えちゃいます!(文・平沢薫/デジタル編集・スクリーン編集部)

チャプター1/『マンダロリアン』

The Mandalorian /監督:デイヴ・フィローニ

賞金稼ぎマンドーとザ・チャイルドの出会いを描く西部劇風ドラマ

画像: 賞金稼ぎとしての腕前は超一流のマンドー

賞金稼ぎとしての腕前は超一流のマンドー

マンドーはギルドの依頼で正体不明の「獲物」を捕獲することを引き受ける。マンドーは、その惑星に住むクイールに助けられ、同じ「獲物」を狙う賞金稼ぎIG-11と協力し、獲物を目指す。マンドーの一匹狼らしい生きざまもたっぷり描写。

画像: 獲物を追う道中でマンドーはクイールに出会う

獲物を追う道中でマンドーはクイールに出会う

画像: 賞金稼ぎドロイドIG-11の狙いは?

賞金稼ぎドロイドIG-11の狙いは?

ココがSW

●市場にジャバの宮殿のコワキアン・モンキー=リザード
●クイールの種族アグノートは『EP5』にも
●生物ブラーグは『エンドア/魔空の妖精』『クローン・ウォーズ』にも
●IG-11は『EP6』に同型IG-88が

チャプター2/『ザ・チャイルド』

The Child /監督:リック・ファムイーワ

ザ・チャイルドが不思議な力を持っていることが分かるサプライズ回

画像: クイールはここでもマンドーを助けてくれる

クイールはここでもマンドーを助けてくれる

ジャワ族たちに船の部品を盗まれたマンドーは、部品と交換するために猛獣マッドホーンの卵を獲りに行くことに。マンドーが猛獣との戦いに苦戦して倒されそうになると、突然、奇妙な出来事が。マンドーとザ・チャイルドとの絆にも注目。

画像: 部品を盗んでマンドーに攻撃されるジャワ族

部品を盗んでマンドーに攻撃されるジャワ族

ココがSW

●爬虫類顔の人間型種族トランドーシャンの賞金稼ぎは『EP5』にも前話にも登場
●ジャワ族が登場するが、この惑星はタトゥイーンではなくアルヴァラ-7。彼らが別の惑星にいるのはSW史上初

チャプター3/『罪』

The Sin /監督:デボラ・チョウ

マンドーがギルドの掟を破るクライム・サスペンス

画像: 迫力たっぷりの戦闘がマンドーの真骨頂

迫力たっぷりの戦闘がマンドーの真骨頂

マンドーは、契約通りに捕獲したザ・チャイルドを依頼者に引き渡す。しかし、自分が彼に命を救われたことを思い出し「仕事の後は、獲物のことは忘れる」というギルドの掟を破り、ある行動に出る。寡黙なマンドーが胸に秘めている熱い思いが描かれる。

画像: 元帝国軍施設にいるクライアント。その目的は?

元帝国軍施設にいるクライアント。その目的は?

ココがSW

●元帝国軍施設の入口のゲートキーパー・ドロイドは『EP6』のジャバの宮殿の入口のものと同じ
●マンドーの子供時代の記憶に、新3部作のクローン戦争のB2スーパー・バトル・ドロイドが登場

チャプター4/『楽園』

Sanctuary /監督:ブライス・ダラス・ハワード

マンドーが先住民に協力、帝国軍の残党と戦う『七人の侍』

画像: 愛らしいザ・チャイルドは辺境の星でも人気者

愛らしいザ・チャイルドは辺境の星でも人気者

マンドーはギルドを逃れて辺境の星へ。その地の先住民たちは帝国軍の残党による略奪に苦しみ、彼らを撃退するため、マンドーと元反乱軍兵士キャラを雇う。マンドーと先住民の女性の淡いロマンス、夜間の帝国軍AT-STとの激しい戦闘も必見。

画像: キャラ・デューンに出会う飲食店にも注目

キャラ・デューンに出会う飲食店にも注目

画像: AT-STの攻撃にどう立ち向かうのか

AT-STの攻撃にどう立ち向かうのか

ココがSW

●飲食店にいる猫系生物はアニメ『反乱者たち』のロズ=キャット
●元帝国軍のリーダーの種族クラトゥイニアンは『EP6』『クローン・ウォーズ』にも
●『EP5』の兵器AT-STが攻撃力を発揮

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.