ミステリーマニアのライアン・ジョンソン監督ならではの遊びゴコロが散りばめられたノンストップでハイテンションなミステリーが、いよいよリリース!パロディ&オマージュに満ちた本作をブルーレイ&DVDで味わい尽くしましょう。(文・斉藤博昭/デジタル編集・スクリーン編集部)

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」ストーリー

画像: スロンビー家

スロンビー家

NY郊外の館で、ミステリー作家の巨匠ハーラン・スロンビーが85歳の誕生パーティーの翌朝、遺体で発見された。匿名の人物から事件の調査依頼を受けた名探偵ブノワ・ブランが家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていく。

トリビア一挙大公開!!

1.ゲーム・オブ・スローンズ

画像: ナイフで飾られたオブジェは“ゲーム・オブ・スローンズ”の鉄の玉座そっくり

ナイフで飾られたオブジェは“ゲーム・オブ・スローンズ”の鉄の玉座そっくり

ハーランの屋敷でひときわ目につく、無数のナイフで装飾されたオブジェ。これを背もたれに見立てて前に椅子が置かれると、見るからに「ゲーム・オブ・スローンズ」の象徴とも言える「鉄の玉座」。オマージュというより「そのもの」というレベル。

2.シャーロック・ホームズ

画像: ブノワから“ワトソン”と呼ばれ大活躍するハーランの看護師マルタ

ブノワから“ワトソン”と呼ばれ大活躍するハーランの看護師マルタ

ブノワ・ブランのちょっと奇妙な言い回し「TheGameisAfoot(獲物が現れた)」は、ホームズの名セリフとして有名。ブノワは相棒に指名したマルタを「ワトソン」と呼ぶ。

3.アガサ・クリスティー

画像: ハーランは85歳の誕生パーティーを盛大に開催した翌朝、帰らぬ人に

ハーランは85歳の誕生パーティーを盛大に開催した翌朝、帰らぬ人に

オマージュは数えきれないが、アガサ本人との一致という点では、ハーランがミステリー作家で、85歳の誕生日に亡くなったこと。アガサも85歳で逝去。

4.エルキュール・ポアロ

頭脳的な捜査や、関係者を集めて真実を明かすスタイルなど、ブノワ・ブランはポアロを彷彿。ブランはよく名前の発音を間違えられるが、ポアロも「ピエロ」「ポイロット」などと間違って呼ばれることが多く、細かい部分もそっくり。

5.ねじれた家

屋敷での富豪の死、薬品の使われ方、第2の犠牲者の理由など、アガサ・クリスティーの作品で最も似ているかも。

6.ナイル殺人事件(1978)

女優たちの過剰な演技や、事件の重要な手がかりとなる「足音」と「時間」の関係など、共通点は多い。

7.オリエント急行殺人事件(1974、2017)

別人のガウンを着るトリックや、ドアの内側・外側での会話、手紙を火であぶって文字を浮かせるなど引用多数。

8.ジェシカおばさんの事件簿

マルタの家で流れているのは、日本でも放映されたTVシリーズのスペイン語版。この作品はアガサ・クリスティーとは関係ないが、クリスティー作品の人気探偵ミス・マープルとジェシカおばさんはイメージが似ている。

9.ジョゼフ・ゴードン=レヴィット

マルタが家で見ているドラマで、声優としてカメオ出演。「BRICK ブリック」「LOOPER/ルーパー」などライアン・ジョンソン作品の常連という縁で参加したのかも。

10.ルージング・マイ・マインド

ブノワ・ブランが車中で口ずさむこの曲は、ミュージカル「フォーリーズ」の1曲。作曲は「ウエスト・サイド物語」(作詞のみ)や「スウィーニー・トッド」など数多くの名作を手がけたミュージカル界のレジェンド、スティーヴン・ソンドハイム。

11.シーラ号の謎

妻の死を探る映画プロデューサーが豪華ヨットに容疑者を集める。犯人探しゲームのようなノリが似ている。脚本(共同)は、こちらもスティーヴン・ソンドハイム。

12.刑事コロンボ

ブランは聞き込みをしながら、葉巻をくゆらせる。葉巻を愛用して事件を解決するといえばコロンボ。

13.ベイビー・ドライバー

画像: 「ベイビー・ドライバー」のエドガー・ライト監督とジョンソン監督は友人

「ベイビー・ドライバー」のエドガー・ライト監督とジョンソン監督は友人

猛スピードで車を運転するマルタを、同乗しているランサムが例えたのが、この映画。ランサムはけっこう映画ファン?

14.ゴスフォード・パーク

カントリーハウスに集まった貴族たちが、お金の問題を抱えている。一見、優雅な生活の人々がじつは……という設定や、使用人との関係など共通点を深読みできる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.