月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』が気になるニューアイテムを紹介します!

野島エンジニアリング『チタン製レーシングスタンド』

集合部にスパイラルコレクターを導入するなど、独自のアイデアでも知られる、老舗マフラーメーカー・ノジマエンジニアリング。そんな同社がチタン製レーシングスタンドを発表した。

「そもそも、昨年の鈴鹿サンデーロードレースNGK杯に、GSX-R1000で参加(チームアグラスwithノジマ)した際、手持ちのスタンドが足りなくなって、軽くて使いやすく、格好のイイものを作ろうとなったのがきっかけ。マフラー製造が本業ですから、折角なのでチタンで作りました」とは広報担当・難波保成さん。

製作は受けの高さや幅、形状などを聞き取ってのワンオフ。よほど特殊なスイングアーム形状の車両でなければ製作可能という。超軽量・高剛性なこのスタンド、捌きのよさはもちろんだが、大切な愛車のディスプレイ用にも最適なアイテムだ。

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

画像: 写真は本文にあったレース用スタンドそのもの。現状でV字型受けが付くスタンド受け部は、交換も考慮してのスチール製となっている。ワンオフ製作品だから、ここはユーザーのニーズに合わせてデザインしてもらえる部分だ。

写真は本文にあったレース用スタンドそのもの。現状でV字型受けが付くスタンド受け部は、交換も考慮してのスチール製となっている。ワンオフ製作品だから、ここはユーザーのニーズに合わせてデザインしてもらえる部分だ。

画像: 本体側の車輪受け部は高剛性なチタン材使用ならではの薄肉仕様。レース現場ではパドック内で持ち歩く機会の多いレーシングスタンドだから、その群を抜く軽量性はメカニックやスタッフの疲労軽減にも大いに役立つ。

本体側の車輪受け部は高剛性なチタン材使用ならではの薄肉仕様。レース現場ではパドック内で持ち歩く機会の多いレーシングスタンドだから、その群を抜く軽量性はメカニックやスタッフの疲労軽減にも大いに役立つ。

画像: 曲げ部にはあえて焼き色を残した遊び心が嬉しい。車両のディスプレイ用にももってこいの高級感も演出できる。

曲げ部にはあえて焼き色を残した遊び心が嬉しい。車両のディスプレイ用にももってこいの高級感も演出できる。

SPECIFICATION

メーカー野島エンジニアリング
製品名チタンレーシングスタンド
適応車種車体に合わせてワンオフ
※写真はGSX-R1000(レース車両)用
価格ワンオフ製作品のため、要見積もり

まとめ:ヘリテイジ&レジェンズ

▶▶▶ヘリテイジ&レジェンズが取材した最新のカスタム・バイクはこちら!

画像: handl-mag.com
handl-mag.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.