“マブリー”の愛称で人気の俳優マ・ドンソク主演最新作『悪人伝』が2020年7月17日(金)より公開。このたびマ・ドンソクをはじめとするキャストや監督が撮影について語るメイキング映像が解禁された。
画像: GCD Making2 youtu.be

GCD Making2

youtu.be

「すごくスリリングな出来で満足しています」

メイキング映像の冒頭に登場するのは主演を務めるマ・ドンソク。本作について「ヤクザのボスと刑事が組み連続殺人鬼を追う犯罪アクションです」と説明するところからスタートする。

「平凡な“善と悪”ではなく、“悪と悪”の対決という矛盾した設定です」と付け加えるのはメガホンを取ったイ・ウォンテ監督。主演のマ・ドンソクについては「ゾッとするほどの極悪人を演じてくれました」と称賛を送る。

凶暴なヤクザのボス・チャン・ドンスを演じたマ・ドンソクは「私が演じたのは、ただのヤクザのボスではない」と解説。「殺人犯を追いながら推理したり、刑事のように情報を収集したりする。普通とは違う魅力がありました」と一筋縄ではいかないキャラクターこそ本作の大きな見どころであることを明かす。

さらにメイキング映像の中には「ハリウッド映画級」ともいわれるダイナミックなアクションシーンの舞台裏を捉えたものも。ヤクザ、暴⼒刑事、凶悪殺⼈犯という主要三人のキャラクターに応じたアクションが緻密に計算された上で撮影されたことが監督のコメントで明らかにされる。

そして最後はマ・ドンソクの「すごくスリリングな出来で満足しています」という本編への自信を表わすコメントで締めくくられる。

本作は昨年のカンヌ映画祭で上映されるやいなや観客たちを熱狂の渦に巻き込み、その勢いのまま本国で興⾏収⼊ランキング初登場NO.1を記録、最終的には観客動員数300万⼈を超えて異例の大ヒットを遂げた作品。ヤクザ & 暴⼒刑事 VS 凶悪殺⼈犯という悪人だらけの三つ巴の戦いが描かれる。シルヴェスター・スタローンによるハリウッドリメイクも決定している話題作だ。

悪人伝
2020年7月17日(金)シネマート新宿ほかにて公開
配給:クロックワークス
©2019 KIWI MEDIA GROUP & B.A. ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.