パナソニックは高画質・高音質のVlog撮影を楽しむVlogger(Vロガー)をターゲットとするミラーレスカメラ、LUMIX DC-G100を発表。発売は8月20日予定。ボディカラーはブラックのみ。

キットは2種類。「DC-G100V」は標準ズームレンズ(LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./ MEGA O.I.S.)、トライポッドグリップ(DMWーSHGR1)を付属して、市場想定価格は税別10万2000円前後。「DC-G100K」は標準ズームレンズ付きで、市場想定価格は税別9万7000円前後。

画像: ▲こちらは「DC-G100V」で標準ズームレンズとトライポッドグリップ(DMW-SHGR1)が付属する。この状態でグリップ部の録画ボタンを押せば、自撮りが容易に行える。

▲こちらは「DC-G100V」で標準ズームレンズとトライポッドグリップ(DMW-SHGR1)が付属する。この状態でグリップ部の録画ボタンを押せば、自撮りが容易に行える。

USB Micro-Bと接続する(電池不要)のトライポッドグリップ(DMW-SHGR1)は単体でも発売し、こちらの市場想定価格は税別9800円。

画像: ▲トライポッドグリップはこのようにセットが可能で、あらゆる撮影に対応する。

▲トライポッドグリップはこのようにセットが可能で、あらゆる撮影に対応する。

日常や旅先での思い出を簡単に撮影可能

4Kの高画質な動画撮影、高音質にもこだわった設計で、新たに「OZO Audio by Nokia」の採用により臨場感あふれる音声記録を実現。高性能内蔵マイクは撮影シーンに合わせて指向性を切り替えることが可能。またレンズ交換式デジタルカメラとして初めて顔・瞳認識AFと連動し、自動で収音範囲を調整する内蔵マイクモードも搭載。

画像: ▲大きさは幅115.6×高さ82.5×奥行き54.2 mmと非常にコンパクト。

▲大きさは幅115.6×高さ82.5×奥行き54.2 mmと非常にコンパクト。

画像: ▲Vlog撮影に特化したトップ部の操作性。モードダイヤルの「S&Q」にセットすればスロー&クイック動画撮影がAF対応で簡単にできる。

▲Vlog撮影に特化したトップ部の操作性。モードダイヤルの「S&Q」にセットすればスロー&クイック動画撮影がAF対応で簡単にできる。

画像: ▲184万ドット、バリアングルタッチLCD(液晶モニター)を搭載。

▲184万ドット、バリアングルタッチLCD(液晶モニター)を搭載。

Vlog撮影のシーンとして多い歩き撮りや自分撮り時では、手ブレをしっかり抑える5軸ハイブリッド手ブレ補正機能や、ピントや露出を自動で調整する「動画自撮りモード」も搭載するなど、撮影アシスト機能を充実させている。「動画自撮りモード」は背面液晶モニターを反転させると、自動で自撮りモードが開始し、背景までしっかり写るようレンズの絞りを自動的に絞るという。

画像: ▲自撮りも背面液晶をこのようにセットして、容易に行うことができる。

▲自撮りも背面液晶をこのようにセットして、容易に行うことができる。

画像: 日常や旅先での思い出を簡単に撮影可能

LUMIX G100の主な仕様

■イメージセンサー:4/3型Live MOSセンサー
■有効画素数:2030万画素
■記録メディア:SD/SDHC/SDXC
■シャッター速度:-1/500S
■ISO感度:100-12800( 拡張 25600)
■背面液晶モニター:3.0型 184 万ドット、タッチパネル,、バリアングル
■電子ビューファインダー(EVF):368万ドット相当、倍率0.73倍 アイポイント 20 mm

■4K動画:30p /10分
■FHD動画:60p/20分
■スロー&クイック動画:スロー4x/ クイック 8x
■手ブレ補正(静止画): OIS
■手ブレ補正(動画 ):OIS+EIS(5軸ハイブリッド手ブレ補正)
■フラッシュ:内蔵

■内蔵マイク:3+OZO AUDIO
■外部マイク:φ3.5
■USB充電:充電可能(給電はできない)
■Wi-Fi/Bluetooth/ ワンタッチ接続ボタン:すべて接続(操作)可能
■HDMIスルー :可能
■電池寿命(ファインダー時/LCD): 250枚 /270 枚

■大きさ 幅x 高さx 奥行き(mm) :115.6×82.5×54.2 mm
■重量(バッテリー 、SDカード含む): 345g
■重量(キットレンズHFS12032含む):412g
■その他:VLogL (8bit)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.