往年の名車・DR-BIGを思わせるスタイルに生まれ変わったVストローム1050/XTが発売された。今回の新型は電子制御の大幅アップデートやエンジンの進化で、その乗り味にも磨きがかけられているという。そのパフォーマンスを試乗チェック!

スズキ「Vストローム1050XT」ライディングポジション・足つき性

シート高:850mm
ライダーの身長・体重:176cm・68kg

画像: スズキ「Vストローム1050XT」ライディングポジション・足つき性

自然に座ると、ほぼ前傾しない。椅子に座って背筋を伸ばしたような姿勢になる。意識せずともホールドできるのはいいが、ツアラーにしてはヒザの曲がりが強めなのが気になる。足着きはこのジャンルにしてはすばらしく優秀だ。

スズキ「Vストローム1050XT」タンデム(2人乗り)チェック〈木川田ステラ〉

画像: スズキ「Vストローム1050XT」タンデム(2人乗り)チェック〈木川田ステラ〉

ステップ位置は若干窮屈に感じるものの、しっかり踏ん張ることができるのと、握りやすくしっかりしたグラブバーのおかげで、安心感は非常に高いです。

ライダーにつかまるのにちょうどいい距離感で、視界も上々。シートは衝撃を腰に伝えないような、柔らかで上質な座り心地だったので、ワインディングでも快適でした。

文:宮崎敬一郎、木川田ステラ/写真:赤松 孝、森 浩輔

スズキ「Vストローム1050」「Vストローム1050XT」主なスペックと価格

※《 》内はXT

全長×全幅×全高2265×870《940》×1515《1465》mm
ホイールベース1555mm
最低地上高165《160》mm
シート高855《850》mm
車両重量236《247》kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
総排気量1036cc
ボア×ストローク100×66mm
圧縮比11.5
最高出力78kW(106PS)/8500rpm
最大トルク99N・m(10.1kgf・m)/6000rpm
燃料タンク容量20L
変速機形式6速リターン
キャスター角25°40'《25゜30'》
トレール量110《109》mm
タイヤサイズ(前・後)110/80R19 M/C 59V・150/70R17 M/C 69V
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格税込143万円《151万8000円》
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.