2020年6月25日に、2世代目にフルモデルチェンジされたメルセデス・ベンツ GLAが日本デビューを果たした。そのディテールを写真で紹介しよう。

安全&快適装備も充実したスタイリッシュな都市型SUV

メルセデス・ベンツ Aクラスとプラットフォームを共有するコンパクトSUV、GLAが2代目にフルモデルチェンジされた。初代のGLAはAクラスの車高を少し高くして、SUV風にまとめたスタイルだったが、新型は従来型より車高を105mmも高くして、SUVらしいスタイルとなった。それでも全体にパワフルな印象だが、クーペのようなスタイリッシュな、曲線を用いたデザインが特徴だ。

インテリアは基本的にAクラスなどと共通のデザインで、10.25インチのワイドスクリーンディスプレイを配したインパネが特徴的だ。フロントシートは従来型より着座位置が97mmも高く、全方位の視認性を向上している。リアシートもスライド可能で、従来型よりレッグスペースは広くなっている。

日本仕様のGLAは、現在のところ150psと320Nmを発生する2.0Lの直4ターボディーゼルを搭載した「GLA 200d 4MATIC」のみとなっている。ミッションは新開発の8速DCT、駆動方式は4WDの4MATICのみの組み合わせだ。

Sクラスと同等の安全運転支援技術や、最新のメルセデス・ベンツ車には次々と採用されている対話型インフォテインメントシステムの「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」も搭載。アウディQ3/スポーツバックやフォルクスワーゲン T-ROCなど、続々と日本デビューするコンパクト輸入SUVとのライバル対決は必至だろう。

メルセデス・ベンツ GLA200d 4MATIC(AMGライン装着車) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4440×1850×1605mm
●ホイールベース:2730mm
●重量:1350kg
●パワートレーン種類:直4 DOHCディーゼルターボ
●排気量:1949cc
●最高出力:110kW<150ps>/3400-4400rpm
●エンジン最大トルク:320Nm<32.6kgm>/1400-3200rpm
●ミッション:8速DCT
●駆動方式:フロント横置き4WD
●WLTCモード燃費:16.5km/L
●タイヤサイズ:235/55R18
●税込み車両価格:502万円(AMGラインは+28万円)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.