キヤノンはテレ端500mmの超望遠ズームレンズ「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」と小型軽量の新コンセプトの超望遠レンズ「RF600mm F11 IS STM」「RF800mm F11 IS STM」、さらに中望遠マクロレンズの「RF85mm F2 MACRO IS STM」を発売する。発売はRF100-500mmが2020年9月下旬予定で価格はオープン(実売33万5000円)。RF600mm F11 の発売は2020年7月下旬で価格はオープン(実売8万8000円・税別)、RF600mm F11の発売は2020年7月下旬で価格はオープン(実売11万3000円・税別)。RF85mm F2 MACRO IS STMの発売は2020年10月下旬で価格はオープン(実売7万6000円・税別)。

テレ端500mmまで拡張した
RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMはすでに開発発表しているレンズで、RFマウントの超望遠ズームレンズ。EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの高画質を継承しつつ、望遠側を500mmまで拡大している。また絞り値をF4.5-7.1にすることで取り回しのしやすいサイズとなっている。

画像1: テレ端500mmまで拡張した RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

レンズ構成は14群20枚でスーパーUDレンズ1枚、UDレンズ6枚を採用し色収差補正しズーム全域で高画質を実現している。最短撮影距離は100mm時で90cm、500mm時で1.2m。最大撮影倍率は1.33倍(テレ端時)となっている。2基のナノUSMとフローティングレンズによりなめらかで高速なAFが可能。
約5段分の効果の光学式手ブレ補正機構を搭載。EOS R5との組み合わせでは6段分の効果があるという。また被写体の動きに合わせて3つのISモードを搭載する。防塵・防滴構造を採用し他のLレンズと同等のプロユースにも耐えられる。

画像2: テレ端500mmまで拡張した RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM
画像: 防塵・防滴構造を採用し、赤い部分がRF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMのシーリング箇所

防塵・防滴構造を採用し、赤い部分がRF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMのシーリング箇所

画像: RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMのレンズ構成図

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMのレンズ構成図

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

・焦点距離:100-500mm
・レンズ構成:14群20枚(スーパーUDレンズ1枚、UDレンズ6枚)
・フィルター径:77mm
・最小絞り:F32-51
・最短撮影距離:90cm(ワイド端)
・最大撮影倍率:0.33倍(テレ端)
・最大径×長さ:φ93.8×207.6mm
・質量:1365g
・発売:2020年7月下旬
・価格:オープン(実売33万5000円・税別)

補正効果5段分のISを搭載する中望遠マクロレンズ
RF85mm F2 MACRO IS STM

RF85mm F2 MACRO IS STMは開放F値F2の大口径中望遠レンズで、最短撮影距離35cm(レンズ前から21cm)、最大撮影倍率0.5倍とハーフマクロに対応する。レンズ構成は11群12枚で収差を抑えるUDレンズを採用し、無限遠から至近まで安定した高画質の描写が得られる。レンズ内手ブレ補正機構を搭載し、約5段(EOS R5のボディ内手ブレ補正との強調ISにより8段)の補正効果を実現する。またコントロールリングを装備し、カメラ機能の割り当ても可能。

画像: 補正効果5段分のISを搭載する中望遠マクロレンズ RF85mm F2 MACRO IS STM

RF85mm F2 MACRO IS STMのレンズ構成図。グリーンの部分はUDレンズ

RF85mm F2 MACRO IS STM

・焦点距離:85mm
・レンズ構成:11群12枚(UDレンズ1枚)
・フィルター径:67mm
・最短撮影距離:35cm
・最大撮影倍率:0.5倍
・絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
・最小絞り:F29
・最大径×長さ:φ78×90.5mm
・質量:500g
・発売:2020年10月下旬
・価格:オープン(実売7万6000円・税別)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.